2017年10月10日

エネルギーの高い食べ物って


今月の「ゆほびか」、興味深い特集が、万能酵母液以外にも、色々載っています。

食品が持つ生命エネルギーを数値化した「気能値」という指標を お茶の水クリニック院長の森下敬一医師が紹介されているんですが…全てのものは固有の振動数で振動していて、その波動がエネルギーとして、周囲にも影響を及ぼす、というもの。

なので、波動の高いものを食べると、それに共振共鳴して、食べた人の生命エネルギーも上がり、低いものを食べると、生命エネルギーが下がったり、乱れたりするそうです。

私が乳がんになって以来、食を見直しながら、様々な変遷を経て、思うことの一つ だったので、「やっぱり!そうよね〜!」と納得。森下医師によると、有機の玄米や味噌、梅干し、漬物、自然塩、沖縄の黒糖、海藻、豆、人参、ゴボウ、生姜、鰯などが高い数値を示すそうですが、これも納得ですよね。

私が食を選ぶ時に、気をつけていることは、それに命があるかどうか、です。水に漬けておくと発芽する玄米は命がある証、白米は残念ながら、そのままなんです。醤油や油なども、不要な添加物のない 昔ながらの作り方をしているもの。お店なら、楽しそうに料理してくれるとこ、とかも、選ぶ基準になります。なんて、偉そうなこと書きましたが、食べることが大好きなので、大事にしたいんですよね。

エネルギーは見えないだけに、気づきにくいのですが、便利な世の中では、命のない食べ物が溢れている気がします。せめて、頂く時には、心を込めて 「いただきます。」を言いたいものですね。

振動するエネルギーが高い、と言えば、万能酵母液でご縁の出来た 「素粒水」。振動するエネルギーは、素粒水を入れたペットボトルをお風呂に入れておくだけで、お風呂の湯が素粒水になることで、分かります。水分ではなく、「水」を摂取することは、命の為にはとても大事なようです。つい最近まで、水分は充分摂っている、と思ってたんですが…水 は全くと言っていいほど摂ってなかったんです(愕然) 。内海医師推薦の「なぜ、塩と水だけで、あらゆる病気が癒え、若返るのか⁉️」の、本を取り寄せ中なので、読んだら、またブログにアップしたいと思います。私達の体の水分は海水と同じ濃度なのを考えると、塩と水は、とても大事だと分かります。子供は、お水を結構飲むけれど、本能で分かっているんでしょうね。

豆乳 200cc に、素粒水 大さじ1杯を入れて、密閉容器に入れ、室温に2〜3日 置いておくと、豆乳ヨーグルトができるんですが、それも、素粒水のエネルギーが豆乳を振動させることで、変化するみたいです。…エネルギーの世界は、面白いなぁ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:13Comments(0)大切な食のことがんのこと

2017年08月02日

アロマをお土産に



梅干し 完成〜!1日一回 表裏を返し、天日干しした梅を最後に赤梅酢にくぐらせ、かめに入れました。これで、5キロ。作る時はいっぱい、と思ってたけど、出来上がりは少なく感じてしまいます。追加で漬けた7キロは、台風の様子を見て、干すことに。年を越すほど、梅干しは良いっていうので、頑張って、12キロ。

今年の梅干しは、量の他にも違いが…土用干しの時や、表裏の返し作業の時、ホオポノポノのクリーニングの言葉を心で思いながら、やったので、浄化力がより高いかも( はい、この期待もクリーニングします。) 出来たての梅干しは、ふっくらと 柔らかな酸味が広がって、とても美味しかったです。

8月に入って、夏休みで懐かしい方と会うことも増えています。そんな時、「会えて嬉しい」という気持ちを 手作りのアロマで、お伝えすることもあります。

今回は、リップクリーム。
ミツロウ 2g 、ココナッツオイル 4gを湯煎にかけて、溶かし、容器に入れ、精油を3滴垂らせば完成。
精油はお好みのものでいいのですが、虫刺されの時にも使えるように、ラベンダーとティーツリーをチョイス。子供達向けには、オレンジとペパーミントで、すっきりとした感じに。

準備完了。会えるのが、待ち遠しい〜!  


Posted by ナチュラルグリーン at 21:46Comments(0)大切な食のこと

2017年07月30日

梅の3日干し

夏の土用(7月25日〜8月6日) に入り、天気予報を眺めながら、いつにしようか?と、このところ考えてましたが…やりたい時にやっちゃおうと、梅の3日干しをしました。

ん〜!何回眺めても、いい景色〜!梅がころんと、日光浴。土用の3日干しをすると、薬効高い梅干しになると聞いて以来、毎年恒例の景色。梅と紫蘇と、赤梅酢を別々にして、3日間天日干しに。夜だけは屋根のあるとこに引っ込めますが、日中はそのまま( 時々、上下を変えて、全体がお日様に当たるようにします)

ホオポノポノによると、赤くて丸い形の梅干しは、食べるだけで、エネルギーを浄化してくれる食べ物。特に、夏の暑い中、失われてしまう塩分を補給し、どろどろの血液をさらさらにしてくれる働きがあるので、食欲が落ちた時こそ、食べたいものですね。

佐藤初女さんが作っていた 命のお結びも、種を取った梅干しが入ってました(食べる方の事を変えて、種は取ってらっしゃいました。) し、日本人にとっては、お米、発酵食と並ぶ、必須の食べ物だと思います。

さて、土用は季節の変わり目に当たり、体調を崩しやすい時期でもありますが、皆さん、いかがでしょうか?夏の土用は、暑さも加わり、食欲も落ちたりして、疲れを感じる事も多いですよね。今が旬の瓜科の野菜(なすや胡瓜、すいかなど) 、薬味などを上手に使って、体をクールダウン。ただし、冷えが強い方は、根菜類を中心の食生活がお勧めです。

びわ温熱療法は、夏は暑いんじゃないかと思われがちですが… 実は深部が冷えている方は結構多く、「違う熱感で、気持ち良いですね〜。」と、よく感想を頂きます。夏、しっかり汗を出して、拝毒を進め、代謝が落ちる 秋冬に備えたいものですね。
そう、寒い季節の体調は夏が左右するんですよ〜。  続きを読む


Posted by ナチュラルグリーン at 21:28Comments(0)びわ温熱療法・自然療法大切な食のこと

2017年07月03日

梅干し作り

一気に夏になり、暑さがやってきましたね〜!夏を乗り切る食材に梅干しがありますが、赤紫蘇が出て、本漬けをしてる方も多いんじゃないでしょうか?

数年前に、ホオポノポノを世界的に広めた ヒューレン博士が宮崎にいらした時…その頃、知った私は、講演会費惜しさに見送ったのですが、今なら すぐに申し込んむところですが…赤くて丸い形がクリーニングツールになると、参加された方から聞き、「日の丸も、梅干しも日本を守ってくれているんだね。」と嬉しくなったのを思い出します。

ひむか村の宝箱で、赤紫蘇が出ていたので、追加で漬けた梅干しに本漬けをしました。

①赤紫蘇の葉をちぎり、綺麗に洗って、重さを計る。
②赤紫蘇の重さの18〜20%の塩で、よく揉む。(大きなすり鉢があると、赤紫蘇の色がよく出ます) これを二回繰り返して、灰汁を出す。
③漬けて置いた梅をざるに取り、たっぷり出た白梅酢と分けておく。(直ぐに梅酢が上がってくると、カビの心配がいりません。熟した梅を使うのと、手をしっかり洗って、梅を触るとカビは出にくいですよ。)
④白梅酢の半分は取っておき、残りの半分に絞った赤紫蘇を入れ、洗うように混ぜる。
⑤綺麗に洗った容器に梅、赤紫蘇の順番で交互に置く。最後は重石をして、蓋をし、夏の土用干しの日まで、置いておく。

昨日は、良いお天気だったので、五人分の毛布…つい先日まで使っていたというから、驚きです…を洗い、洗濯母ちゃんに。その後、梅干し母ちゃんに変身(笑)土用の天気の良い頃を見計らって、干すのが楽しみです。

赤紫蘇を購入した ひむか村の宝箱では、セルニャの綾さんと、屋久島で活動しているキブカバンさんのコラボ展がありました。セルニャさんは、水晶を中心とした天然石を素敵に編み込んだマクラメジュエリーの作家さんで、私もラピスラズリのネックレスを作って頂きました。

キブカバンさんは、初めてでしたが、オーガニックの素材に草木染めを施し、着心地の良さそうな、お洒落なお洋服が並んでいました。先日のギャラリー212さんのバーゲンが無ければ、手が出ていたところですが、今は我慢がまん。
お二人のコラボ展は、5日までが、ひむか村の宝箱で。7〜9日はジールさんで開催されますので、興味のある方は是非どうぞ。

それから、もう一つ。体に優しくて、美味しい物好きな方からの情報。フーデリー霧島店に、ナチュラルファクトリーの豆乳アイスが入荷してるそうです。アイスは口にする機会は余りないのですが、こちらの豆乳アイスなら安心して、食べられます。今なら、バニラ、いちご、抹茶など選べましたよ。あー、アイスが美味しい季節になりましたね〜。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 08:55Comments(0)大切な食のこと暮らしの中で思うこと

2017年05月31日

5月31日の記事

ともとき農園さんのスィートコーンが届きました〜!昨年、とっても美味しかったから、今年も楽しみにしてました。

普通に茹でても美味しんですが、蒸したら、味が濃くなるだろうと、まずは蒸し器にカットしたスィートコーンを並べ、下の鍋では、びわ茶を沸かすことに。

びわ茶を美味しく作るのは、沸騰してから、20分弱火で煮出すんですが、スィートコーンを蒸すのにも、丁度良い時間加減。カットした時に包丁に付いたコーンを食べたら、生でも、美味しかったんですが、蒸し上がりは、更に甘くなって、目茶苦茶美味しかった〜!あ〜、幸せ!と言いながら、頂きました。

今年は、気温が低めだったからか、虫も余り付かなかったそうで、綺麗なスィートコーンでした。無農薬だから、全てを活かしたいので、ひげは干して、お茶に。皮は庭のびわの木の下に細かく切って、まこうと思います。

とうもろこしのひげは、乾燥させて、煎じて飲むと、むくみや利尿作用がある方にお勧めです。全て、無駄がないという…自然の恵みを感じます。

今の季節は、どくだみやよもぎが元気なので、お茶にするのが、手っ取り早い 活用法です。それぞれ、単独では癖があって、飲み難いので、ブレンドして、飲むと美味しいですよ。血液を綺麗にして、体調の崩れやすい梅雨を元気に迎えたいものですね。

明日は梅が届くと連絡があり、いよいよ梅仕事が始まります。今年は梅も頂く事があり、何を作ろうかと、思案中。どちらにしても、わくわくしちゃいます(笑)  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:49Comments(0)びわ温熱療法・自然療法大切な食のこと

2017年05月18日

無農薬スィートコーン


病気になってから、食事には気をつけるようになりましたが、最初の頃は、「肉だめ!乳製品だめ!…って、何を食べたらいいの⁈」 と、困惑してました。今は懐かしい感 があるくらい、「無くても、豊かな食卓だわ〜。」と、変身しました(笑)

あれは悪い。これも悪い。と、悪い物探しをしてた頃は、眉間にしわを寄せながら、台所に立ってたんだろうな。今は季節の物、地元の物、大地から生まれる物を選択の基準にしてますが、もう一つ 「エネルギーの高い物」を食べたいと思っています。

どんなに良い食材でも、暗い気持ちや怒りながらだと、マイナスのエネルギーが入ってしまう気がするんです。最近のブログにも書いた 「波動」…それの高い食べ物を意識してます。

そんなエネルギーの高いスィートコーンが近々、販売されますよ。ナチュラルグリーンで、びわ温灸の資格を取得して、自宅サロンをオープンされる ひとみさんは、無農薬野菜を島原で作っている「ともときファーム」さんのメンバーなんです。毎年、とっても とっても美味しいスィートコーンをこの時期に、島原まで行って、収穫して販売してくれます。

スィートコーンの熟し加減なので、日程は5月21日〜28日と、大まかだそうですが、注文されていた方が、確実に手に入りますので、ご案内しますね。
1本 200円。
贈答用 12本 (送料、チルド代込) 3500円
申込 090-7981-3873 高橋、fax 0985-28-4696
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:34Comments(0)大切な食のこと

2017年04月01日

美味しい豆腐屋さん

今日から4月ですね〜。近所の桜も、やっと少しずつ開いて、顔をのぞかせてくれています。

さて、最近、私の周りでブームになっている 小林の豆腐屋さん「おがわ豆腐」。遺伝子組換え大豆不使用の上をいく 在来品種の大豆を使い、水はシリカを含有した小林の地下水。にがりも、天然のにがりを使用して、手作りにこだわり、安心して食べられることを目指しているとか…でも、でも、何より とっても美味しい〜!

以前、お客様がわざわざ届けて下さって以来、話によく出る おがわ豆腐店は小林から、週に2、3回 宮崎市内に移動販売していると聞いてたんですが、時間もはっきり決まっている訳じゃないみたいなので、残念だなぁと思っていたら…なんと!今日、うちの近所で見かけて、ついに購入することができました!嬉しい。

木綿豆腐に寄せ豆腐、黒ゴマ絹豆腐、豆乳とおからのドーナツを購入。醤油をかけないで、大豆の味を楽しみたい豆腐。塩をパラリで、頂きました。おからをサービスで頂き、「すぐに作るなら、おからサラダが美味しいよ。」と、教えて下さったので、早速 夕飯のメニューに。

レタス、人参、玉葱を適当な大きさに切り、塩揉み。茹でた玉子は細かく潰し、野菜とおからを和えた中に加えます。味つけは、マヨネーズに砂糖と酢(私はどちらも入ってるから、すし酢を使って簡単に)。豆乳マヨネーズなら、こくが出ます。きゅうりを入れたら、色味は良かったんですが、冷蔵庫になかったので、ある物で作りました。おからが入っているとは、露知らず、ポテトサラダのように、ばくばく わが家の息子達は食べておりました(笑)おからサラダ、初めて作りましたが、とっても美味しかったですよ。

どこかで、プープーという昔懐かしの音が聞こえたら、のぞいてみて下さいね。美味しいお豆腐が買えるかもしれません。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:11Comments(0)大切な食のこと

2017年03月30日

さすがな知恵袋

今日は、4月13日にある万能酵母液講座のチラシを置いてもらう為に、ひむか村の宝箱さんに行ってきました。

久しぶりでしたが、やっぱりこの空間が好きだなぁ、と感じながら、体が喜びそうな物や、心がほっこりする物を見つけてきました。

そして、偶然、納入にいらした がまこう庵の蒲生さんとも久しぶりにお会いして、とりとめのない話をしてたんですが…それがまぁ 素晴らしい知恵袋!

子育てをする中では色々悩みも出てくるけど、そんな時でも、お母さんの手料理を食べている子は、道を踏み外さない。踏ん張る力が食から貰えてる、と普段から、私も思っている事を話されてましたが… でも、子育てしながら、仕事したり、役員したり、子供会や部活の係と、今のお母さんはとにかく忙しい。だから、色んな工夫すると、楽に食事が作れるのよ、と 話して下さったのが…

まとめて味噌汁… 味噌を入れずに、1週間分の具と出汁を作っておく。当日、小鍋に一食分を取り、味噌を加えて完成。カレー粉いれて、カレースープにしたり、豆乳もいいかも。野菜から出汁が出てるから、和風でも洋風でも大丈夫。

鶏肉や肉を買ってきたら、塩麹に漬け込んで、小分けする。保存が効くし、味も付いてるので、煮込んだり、焼いたり、揚げたりで、すぐに調理出来る。すりニンニクや生姜などを加えて、味のバリエーションも豊富になる。

しぐれ煮作っておくと、サラダごはんに応用。レタスを敷いて、その上に、にんにくで炒めたごはんを置き、最後にしぐれ煮をぱらっとまぶすと、美味しいごはんに。(ボリューム欲しい時には目玉焼きも加えると良さそう〜)
…こちらも簡単に出来ますね。にんにくをみじん切りにして菜種油に漬ておくと、なお簡単に出来ますね。しぐれ煮があると、おにぎらずも豪華に出来ますね。

じゃこと葉物を炒めておくと、ごはんに混ぜて、美味しいおむすびに。…朝ごはんは、これと味噌汁があれば、体も喜びそう。

中途半端に残りがちな豆腐も軽く水切りして、塩麹に漬けておいたり、味噌に入れておくと、一味違う美味しさにもなるし、日持ちもします。塩麹漬けは、かりっと焼くと美味しいそうです。

ほんの少しの時間に、だーっと、これだけの話をして下さった蒲生さん。「もっともっと あるわよ〜!」と流石の一言を残し、県の会議に出掛けられました。

早速、豆腐を塩麹に漬けておこうっと。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:20Comments(0)大切な食のことお勧めのお店

2017年03月09日

やよい


長男の卒業式、受験、卒部式。そして、三男の受験と続き…気がつけば、ブログの更新も久しぶり。書きたい事はいっぱいだったのですが、1日がぎゅっと詰まった日々が続いてたもので。

今日は午前中が空いてたので、久しぶりに歩いてきました。まだまだ寒かったのですが、その中にも花は咲いていて、桜が咲いてた場所も。春の気配に、心が浮き立つようでした。歩きを口実に、これまた久しぶりの ミドリマツベーカリーさんへ。今年に入って、1時過ぎに行ったら、二度も売切れてたので、本当久しぶり。小さなお店で、イートインスペースもそんなに広くないんですが、なんだかとっても落ち着くんです。本当不思議なくらい。きっと、オーナーさんの気持ちが、居心地の良さを生み出してるんだろうな。

私が食いしん坊のせいか、お客様がよくお勧めのお店を教えて下さいます(びわ温灸しながら、ずっと食べ物の話をすることも 笑) 先日、感激するほど美味しい 豆腐を頂きました。それが、小林の「おがわ豆腐店」。埼玉県の在来品種の大豆を使用した 絹ごしと木綿でしたが、絹ごしはとろりと甘く、びっくりするくらい。木綿も大豆の甘みがなんとも言えない美味しさ。どちらも塩をちょっと振って頂きました。醤油だと、味が分からなくなりそうだったので。

とっても美味しかったのですが、さすがに小林までは、買いにいけないな、と思ってたら、お客様が「娘がとっても美味しいお豆腐を買ってきてくれたの」と。まるでプリンみたいな豆腐だと、言われるので、お嬢さんに確認すると、なんと、おがわ豆腐店さん!そして、金曜の夕方5時前後に新城眼科に来られる、と教えて頂きました。なんて、ジャストな情報。これも引き寄せですね〜。揚げや湯葉など品揃えも色々あるそうなので、近々、行ってみたいと思います。

さて、お勧めの講座が、今週日曜日の午後2時〜4時に、ひむか村の宝箱であります。月の暦を活かし、地球暦で暮らしている 冨田貴さんの講座です。その日は丁度、満月。月経やお肌のターンオーバーも月のリズムと同じ28日周期。そのリズムと同調することが自然なことですね。ひむか村の宝箱さんのお茶とお菓子付きで、¥1800 だそうです。ご自分の時間を過ごしてみませんか?  


Posted by ナチュラルグリーン at 16:01Comments(0)講習会大切な食のこと

2017年01月24日

宮崎って幸せ

昨日の宮日新聞に載ってた、俵万智さんの「海のあお通信」を読んで、同じことを感じて下さってるんだと、嬉しくなって、ブログを書いてます。

「手作りにかける時間の豊かさを思えり手前味噌となるまで」俵万智

宮崎に越して、手作りの食べ物を頂くことがすごく多いなと感じてらして、初めて聞いた 梅仕事という言葉も、素敵だな、と書いてらっしゃいました。

本当、皆さん、手作り率 高いなぁと思います。最近も金柑煮を頂いたり、柚子ジャムや白菜漬けを頂いたり。お野菜やレモン、みかんなどの柑橘類も「沢山あっても腐るだけだから」と気前よく下さるのは、宮崎の方の気持ちの良さの表れだと、常日頃感じています。

幸福度って、経済的な豊かさとは必ずしも一致しないし、人によってもかなり違うと思うけど…今 あるところで、幸せを見つけて、味わうことができたら、私はそれでいいな、と思います。

寒いけど、キンとした空気は清々しい。日の光は強くないから、洗濯物の乾きは今ひとつだけど、縁側の暖かさがたまらなく有難く感じられる…なんてことが。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:38Comments(0)大切な食のこと暮らしの中で思うこと

2017年01月19日

皆さんのおかげで



先週末のオーガニックフェスティバル…心配してた寒さも、お日様が高くなるにつれ、上着を脱ぐくらいの陽気になりました。集って下さった皆さんの楽しい気持ちが、天に届いたかのように。

癒しブースは、いつもなら、オープンしてすぐは、他のお店を覗くくらいの余裕があるのに、今回はお客様が途切れることなく、びわ温灸体験をして下さいました。イベントの時は、椅子に座って頂き、肩や首、頭部や腕など、出しやすい部分を温灸しますが、それでも楽になったと喜んで下さいました。今度は是非、ナチュラルグリーンにお越し頂いて、全身を体験して頂きたいな。

一緒に温灸してくれた ともとき農園さんは、じゃがいも、人参、かぶを販売。どれも甘くて、野菜の美味しさを実感しました。
いつもサポートして下さる きよみさんは手作りアロマペンダントを販売して、盛り上げてくれました。私も今回、初めて ドテラ社の精油を小分けして販売しましたが、使ってらっしゃる方や興味を持たれる方が多くて、嬉しかったです。 沢山の方に、こんなイベントを通して、ナチュラルであることの意味や心地良さを実感して頂きたいので、一年に一度のライフワークとして続けていきたいと思っています。

体が喜ぶ安全で、ナチュラルな食べ物…それを心を込めて作られた方と直接 話をしながら購入できる。竹のジャングルジムやブランコで夢中になって遊ぶ子供達。それを、お茶を飲みながら、見守る。心にふわっと入ってくる音楽と皆さんの笑い声やお喋りする声は、天にこだまして、なんとも言えないエネルギーに溢れていました。本当 有難いこと。

オーガニックフェスティバルに参加出来なかった方…今週日曜日は、天空カフェジールさんのおかげさま会です。オーガニックなカフェや癒しブースもありますよ。是非、こちらで、生命の洗濯をどうぞ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:02Comments(0)大切な食のことイベント

2016年12月25日

食物に感謝



先日作った 柚子のグリセリンがいい感じで、とろみが出てます。納豆菌水とグリセリンと精油…乾燥が気になるので、老化肌に効果的なフランキンセンスと引き締め効果のローズマリーを加えて化粧水を作るのが楽しみ(ローズマリーはうっかり忘れにも、効果が期待できるので、今の私にぴったり)

さて、クリスマスですね。子供達も大きくなると、サンタのサの字も出てきませんが、昨夜はスィートモコモコさんのマクロビケーキ さつまいものタルトを頂き、お父さんからはスエットのプレゼントもあり、それらしく過ごしました。

私の方はお客様から、「実家で採れたから」とか 「多めに取り寄せたから」とか…まるで、クリスマスプレゼントのようにお野菜やお菓子を頂きました。振り返ってみると、いつもいつも、沢山の方の優しい気持ちに、生かされていることに気付かされます。

以前読んだ 「大日月地神示」の中で… 神様からは充分なほど、全てを与えられている。何故に分け合わないのか。何故、自分だけ良ければいいと、してるのか?ーとあったけれど、棄ててしまう位、食べ物はあるのに、餓死してしまう人もいる。分け合うことが出来たら…。私も、以前は冷蔵庫の中で腐らせてしまったり、しまい込んで消費期限が切れてしまったり と、とっても勿体無いことをしてました。

なので、今は頂いたものでも、自分達が食べる以上に多かったなら、おすそ分けしています。身体の巡りと同じように、食べ物も巡回させて、美味しいうちに、皆さんと分かち合う…ちょっとだけ、気持ちも豊かになれるんです。

我が家に来てくれた食物は、今日も有り難く頂きました。感謝✨  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:46Comments(0)大切な食のこと暮らしの中で思うこと

2016年11月23日

命ある食べ物


気温差が激しいせいか、体調を崩されたり、症状が日替わりで変化したりされる方が多いようです。

熱が出たり、咳や鼻水、頭痛や肩凝り…全ての症状は、体が必要だから、出てるだけ。むやみに押さえてしまうと、症状が長引いたり、違う症状として出たり。そんな風に考えると、症状を抑えることで、病気を引き起こしている部分もあるんじゃないかと思ってしまいます。

夕方になって、冷えてきたので、お風呂に万能酵母液の原液を4分の1パックと、ハーブティーを淹れた後の残りかすをガーゼに包んで入れました。万能酵母液を入れると、お風呂から上がっても、ぽかぽかと暖かだし、ハーブとの相乗効果か、薬草風呂のようで、体が喜んでるのを感じます。

そして、今日は、自然農をしている「いまここ自然農園」さんの宅配が、久々にスタート。夏の間はお休みされてたのが、やっとお野菜が揃ってきたとのこと。

お野菜が高いこの時期に、五種類で千円と、有難いお値段。自然農は草や虫さえも敵とみなさず、共存する考えで作っているので、手間も時間もかかる農法。だから、美味しいし、パワーのあるお野菜に。その上、いまここ自然農園さんは、心を込めて作ってらっしゃるのが、伝わってきます。今日も再開のお手紙が、手書きで添えられてました。読んで、あったかい気持ちになり、お野菜もひときわ美味しく感じました。

安全で安心して食べられる…それも大切な事です。でも、それ以上に、どんな人が、どんな気持ちで作ったものかが、大事だと思っています。それら全てを含んだエネルギーを、頂き、そして、命を育んでいるんだと思います。
今日の夕飯は命ある食べ物でしたか?  


2016年10月31日

体が治る食養


今宵は新月。見えない月を思いながら、静かに雨音に耳を傾けています。

ここ数年、急激にハロウィンが流行ってますが、どんな由来があるのかも、分からないので、お菓子メーカーの戦略?くらいに思ってます。それより、週末にあった 神武様は、笛や太鼓の音に心がくすぐられました。やっぱり、お祭り好きです。

さて、私が乳がんを患って以降、自然な食や手当てを実践しているので、ナチュラルグリーンに来られる方々からは 「どんな食事が良いのですか?何を食べたらいいのでしょうか?」と、よくご質問があります。私自身も最初の頃は、巷に溢れる情報の中から、どれがいいのか、迷うこともありました。

人参ジュースを一生懸命 飲んでた時期もありましたし、一日一食にしたり、マクロビやローフードをかじったり…その時々で変化していますが、なんとなく変わらないのが…「玄米菜食」、そう、昔ながらの食事です。動物性のヨーグルトは日本人は分解できる酵素を持ってないけど、同じ乳酸菌なら、ぬか漬けは腸まで届き、消化酵素も働いてくれる。日本人に合う食事は古来から日本人が食べていたもの。

それを裏付けてくれる 本に出合いました。
「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる…秋山龍三著

この方、現在85歳で、ふるさと村で食養術を教えてらっしゃるんですが、70歳代の時に、生まれて初めて、病院に行き、健康診断を受けたそうです。その時に、内臓が驚きの20歳代‼️ ドクターもあまりの若さに、お金を支払って治験をされた位。一度も薬を飲んだ事はなく、健康診断もなく、酒煙草はされてたけれど、唯一ずっと続けていたのが、昔ながらの食事。江戸時代の飛脚や女性が60キロの米俵6俵を担いでいた話も紹介されていて、万能酵母液の話ともリンクして、やはり手に取っただけの意味があったな、と嬉しくなりました。

一汁三菜、玄米をゆっくり噛んで食べる。晩ご飯の後は朝と昼の間に食べ、しっかり胃腸を休ませる時間を取る。本物、本醸造の調味料と旬の野菜を食べる… これは、自然療法の東城百合子さんや若杉ばあちゃん、色んな方が本に書いてらっしゃるんですが、私には一番しっくりする考え方。

朝、軽く食事しても、お腹が重くて、中々腰が上がらなかったんですが、梅醤番茶を一杯飲む位だと、すっきりして、すぐに次の行動に移れるようになりました。朝起きぬけには、「ご飯要らないー!」って、子供達も時々言ってましたけど…「早寝早起き朝ごはん」の頭がある私は「食べられるだけ食べなさい。」って言ってました。でも、子供の方がちゃんと体からのメッセージ受け取ってたんですね。胃からの消化液も11時前後に分泌されるらしいので、理にかなってますよね。

もう一冊は、「世にも美しいがんの治し方」のムラキテルミさんの本。この方は末期ガンを化学療法や手術をせずに、人参ジュースと生姜紅茶で治癒させた方で、末期ガンの方に希望を与えて下さってます。この中で、頑固な便秘を煮小豆だけを食べて解消する方法が紹介されてましたが、簡単な方法なので、是非実践して頂きたいと思います。便秘は体中に毒素をばら撒き、病気の原因を作ってしまうので、急いで解消して頂きたいのです。

どんな食養にしても、しばらく続け、体にどんな反応が出るのか、体の声を聞きながら、やってみて下さいね。顔が皆 違うように、体の中も違いますので、是非 耳を傾けて、体と仲良くなって下さいね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:26Comments(0)お勧め本大切な食のこと

2016年10月27日

命の循環

昨日、庭で見つけた大きなかまきり。以前の私なら「わー!怖い!」って、逃げただろうに、今はしげしげと見つめ…やっぱり、アニメ(ミツバチハッチ)の影響か、かまきりはどう猛に見えてしまう。にしても、綺麗な緑色。精巧な姿。

ちっとも動かないなぁと思っていたら、近くに赤ちゃんとかげがちょろちょろと動き回っていたから、もしや狙ってるのかも。

一瞬、弱肉強食って思ったけど…いやいや、あれは命の循環なのでしょうね。かまきりも何かを食べて命を繋ぎ、赤ちゃんとかげもまた、何かを食べて生きている。

私達 人間も、生きる為に食べている。同じことを営々と繰り返しているのですね。ただ、人間だけがお腹いっぱいでも食べ、お腹が空かないのに食べる。添加物や成長を早める為のホルモン剤、病気予防の為の抗生剤入りのお肉、遺伝子操作された食…とっても不自然なこと。

自然の循環の中で、命を頂いた私達には、食をきちんと考えなきゃいけない時がもう来ていますね。

いただきます。
心から思い、手を合わせて、味わう食は、エネルギーに満ちてる気がします。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:59Comments(0)大切な食のこと

2016年09月28日

栗の季節



毎年、無農薬の梅をお願いしている 東郷町の横山さんから「今年は梅はならんかったけど、栗はいっぱいだよ。」と連絡頂き…たっぷりの栗で何をしようか?とわくわく。

大きめな栗は渋皮煮。それ以外は栗ご飯。
栗は皮を剥くのが大変ですが、新鮮なお陰で、お湯につけなくても、楽に剥けました。いつも、美味しい渋皮煮を作る方にレシピを教えて貰って…先ずは水に重曹を入れ、沸騰したら、栗が踊らない位の火加減にして5〜10分。栗を傷つけないようにお湯を捨て、同じ工程を3回。かぶる位の水のみで、重曹を抜く為に2回程、同じ工程。最後に砂糖(私はてん菜糖を) と米飴、塩で甘味を付け、20分ほど、キッチンペーパーで落とし蓋をし、味を染み込ませます。仕上げにブランデーを加えると、美味しさが一層ひき立ちます。
渋皮煮は手間はかかるけど、この時期だけの美味しい贅沢。一個食べると、幸せになります。ちなみに、水分には万能酵母液を加えたので、更に美味しく感じました。

栗ご飯は…先ずは、栗は圧力鍋で茹でたので、昆布の粉末と、みりん、薄口醤油、塩でご飯を炊き、炊き上がる少し前に、剥いてカットした栗を加えただけでしたが、栗の甘味とご飯がよく合うこと!子供達にも好評でした。

栗を剥く途中、ついつい味見してしまいましたが、「甘いー!濃いー!」と、つい口から出て、「うるさいよ。」って、怒られちゃいました(笑)

先週あたりから、胃の調子が悪い方が増えてますが、秋分の日を過ぎ、体は秋仕様への変わり時…胃、臓器なら脾臓が傷みやすい時期です。夏の暑さに、冷たい物を取りすぎた方は、この時期、胃がもたれたり、重かったり、胸の辺りがつかえたりといった症状が出やすくなります。胃が疲れると、消化吸収や免疫と関係のある脾臓にも影響が出ます。胃腸炎や感染症には、気をつけたいものですね。

お疲れ気味の胃や脾臓のお薬になるのが、この季節に採れる黄色の食べ物。栗やかぼちゃ、さつまいも等です。胃腸が疲れ、食欲がない時には、これらの野菜を柔らかく煮て、塩麹で味付けしたポタージュはお勧めですよ。

ここで、しっかりケアをして、深まる秋を楽しみたいものですね〜!
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:07Comments(0)びわ温熱療法・自然療法大切な食のこと

2016年08月08日

土用の3日干し


夏の土用に入り…やっと、梅干しの最後の工程、土用の3日干しができました。夏の土用の強い陽射しを浴びた梅干しは、薬のような力を持ち、夏バテや胃腸の不調など、この季節の不調も和らげてくれます。市販のものは、この3日干しをしてないものがあるので、是非、干したものを食べて下さいね。

それにしても、干した姿の可愛らしいこと(笑)一つずつ裏返したりするのも、ころんした姿に癒されながら、やってます。自分で手作りすると、愛着もなおさらです。

梅干しは、赤梅酢にさっとくぐらせ、甕に入れて保存しますが、紫蘇はからからに乾燥させて、ゆかりを作ります。風味がとてもいいので、自分で作るようになって、ゆかりが大好きになりました。赤梅酢は、五目寿司や酢の物を作る時にも使いますが、ごはんを炊く時に少量入れておくと、この季節、傷みにくくなりますよ。うちでは、梅干し嫌いの二男の為に、梅干しを入れて、炊きます。梅干しを食べるのは私ですが。

梅はびわと同じ、バラ科の植物なので、抗ガン作用のあるアミグダリンも豊富に含まれています。血液の浄化作用や殺菌力もあるので、様々な症状に効果的なんです。今年の梅は終わりましたが、来年は是非、手作り梅干しにチャレンジされてみて下さいね。

先日の夜、自分ケアのびわ温灸をしていたら、びわ葉が真っ黒になって、びっくり。がんやアトピーなど、毒素の溜まった状態の方にびわ温灸すると、葉が黒くなるので…マクロビのお菓子を沢山食べたから?とか、色々反省してたんですけど、よーく考えてみたら、その日、ヘアカラーしたんです。できるだけ刺激のないものを探して、使ってたんですが、やはり、ヘアカラー剤は身体にとって…。翌日、同じように、びわ温灸した時には、変色しなかったので、ほっとしましたが、それも万能酵母液などの排毒のおかげかもしれませんね。

自然の力の偉大さを、改めて感じる今日この頃です。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:56Comments(0)びわ温熱療法・自然療法大切な食のこと

2016年07月23日

大量発酵の予行練習



昨日は、いまここ自然農園の志保さんと、万能酵母液の大量発酵の予告練習をしました。

前回、熊本にインストラクター講座の際は、10回使用した玄米を使って、30分ほどで発酵したので、一回は玄米を使っておきたかったのと、古米で、どれくらい発酵に時間がかかるのか、確認する為だったんですけど…なんと、びっくりの30分‼️

玄米が多いほど、古い米(精米せずに適温で保存されてること) ほど、発酵が早いって言われましたが、さすが、いまここ自然農園さんの古米。玄米菌が元気で、沢山いたんでしょうね〜。

並べてみても、壮観。約26袋の原液が完成しました。今まで、3日に一度は原液作りをしてましたが、大量発酵ができると、冷凍庫のスペースさえあれば、ぐんと楽になりますよ。

今まで、原液をお風呂に入れるのは贅沢過ぎて出来なかったんですけど、昨夜は原液を入れたので、石鹸も使わずに、湯船に浸かってました。びわ葉も入れたので、お湯がとても柔らかい感じがして、久しぶりにゆっくりししたお風呂タイムでした。

そして、お風呂上がりに、調べたい事があり、セルフオーリングをやったんですが…握力がない方なので、いつも開き気味だったのが、すっと閉じることができて、びっくりしました。思いもかけない変化でしたけど、体が喜んでるんだろうな、って納得。

病気治しの為に、万能酵母液を飲むと、義務感や変な反応が出たと、不安になってしまいますが、菌を元気にして、ついでに人間も元気にしてしまおう、くらいなら、一つ症状が出る度に一喜一憂する事なく、逆に、体が反応してくれる事が有難く思えます。

猫のりんちゃんには、時々スプレーして上げる位ですが、寄生虫が出てきたり、耳の周りに膿が溜まって、排毒してました。体が小さい分、すぐに反応するんでしょうね。

大量発酵ワークショップは8月2日10時から、玄米屋さんをお借りして、開催します。若干名、残がありますので、興味のある方は是非、ご参加下さい。一度、参加するだけで、すぐに作ることができますよ。ご自分の作った万能酵母液や納豆菌水の出来具合が心配な方は、お持ち下さいね。チェックしてみますので。

  


Posted by ナチュラルグリーン at 00:00Comments(0)講習会大切な食のこと

2016年07月09日

万能酵母液のインストラクターに

金曜日は土砂降りの雨の中、出発時には高速を間違え、30分も集合場所に遅れたりしながらも、熊本に万能酵母液のインストラクター講座に参加して来ました。

九州で、万能酵母液を広く知って頂く為に活動している9人が集まったのですが、その内、宮崎からは5人!宮崎率 高いー!日向、日南、都城、高鍋、宮崎市と各地でしたので、其々の地域で作り方のレクチャーしたり、納豆菌の作り方をお答えしたりすることに。黒糖や塩を仕入れて、販売することもできるようになりましたよ。

そして、その物が持ってる波動(微弱なエネルギー)に反応して、良いかどうかを判断するオーリング。通常は二人でチェックしますが、それを一人でもできるセルフオーリングの器具を使って、身の回りのもの…酵母液や携帯、手帳とか。「これって、どうなのかなぁ?」と思う物をチェックしました。まぁ、納得の反応でした。酵母液もその日の天候によって、状態が違うので、チェックするのもいいし、サプリやアロマとかで試してみたりもいいですね。言葉でも分かりましたよ。やはり、言霊でした。

この器具の販売や黒糖や塩なども販売できるようになりましたので、入荷しましたら、改めてお知らせしますね。

そして、大量発酵のやり方を見せて頂きましたが、30分ほどで、泡が!使うごと、量が多いほど、発酵が早いそうです。8ℓの原液を一度に作ると、お風呂とか、たっぷり使えそうですので、こちらのやり方も、8月初旬頃に、講座を開いて、シェアしたいと思います。

往復の車中では、自然農をしている 志保さんと、深い〜話をしながら、とっても中身の濃い時間に、魂がプルプル。前日には、「車の中で食べて下さい。」と、酵母液入りのクッキーを頂いたので、それも頂きながらの幸せタイムでした。全てには意味があり、必然必要なのですね。

なんだか、全てを噛みしめる事の出来る 熊本の時間に感謝です。翌日は早朝から、子供の配車係も、頑張れました。

日は熊本の義両親宅に、行って来ます。お土産は、納豆菌とびわ温灸。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:43Comments(0)講習会大切な食のこと

2016年06月20日

梅の恵み



梅雨空が続いてますが、そんな中、無農薬の梅が手に入りました。平和台のひむか村の宝箱で毎年扱っている 南郷村(私は日南の南郷町だと思ってたら、日向に南郷村があるんですねー!) の南高梅。とても大きいですが、無農薬だけに不揃いや、少し傷んだ梅がありますが、それも愛おしく感じます。

青梅はドレッシング用の梅酢とジュースに。残りの7㎏は梅干しに。届いた日に梅酢とジュースは作り、そのまま2日位置いてたら、なんとも言えぬ 爽やかな甘さが漂ってきて、埃除けの新聞紙をめくると、黄色く色づいていました。そう、まるで「漬け時よ。」と告げているよう。

梅の木は、毎年実をつけ、千年単位の木もある位、 生命力に溢れています。その梅を戴くことは、その力を体内に取り入れる事になります。これからやってくる夏のトラブルにも役に立ってくれますよ。まだ、店先に梅を見かけますので、是非、何か作られてみて下さいね。

梅酢の作り方
梅1㎏ てん菜糖 750g 米酢 500ml
…梅は水洗いし、水気を切る。ヘタを爪楊枝などでとり、綺麗に洗った瓶に梅、砂糖と交互に入れ、最後に酢を加える。そのまま3ヶ月置けば完成。
梅酢、薄口醤油、砂糖、すりごまを同量。それに玉ねぎをお好みの量、加え、ミキサーにかけると、美味しいドレッシングの完成です。にんにくやごま油などを加えてもいいかも。

梅ジュースの作り方
梅 1㎏ てん菜糖1.2㎏
梅は水洗いして、水気を切り、ヘタを爪楊枝などでとります。その際に、ジュースが出やすいように、梅を数ヶ所 刺していきます。洗った瓶に、梅と砂糖を交互に入れ、最後に砂糖をたっぷりとふりかけます。2、3日で水分が出ますが、梅が浮き上がらないように、皿で重しをします。砂糖が溶けたら完成。水や炭酸で割って飲むのが、うちの子達は好きです。

梅干しは一般的な作り方ですが、塩は18%の自然塩で。重しをして、赤紫蘇が届くまで、そのまま放置。赤紫蘇が出たら、揉んで、梅と一緒に漬け込みます。夏の土用の頃に、3日干しをすれば完成。自分で作ると、途中に白梅酢や赤梅酢ができるので、こちらも体の不調の時に活躍しますよ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:21Comments(0)大切な食のこと