2018年06月15日

18歳の誕生日


二男の18歳の誕生日。来年の春には、就職して、巣立つ予定なので、家族で祝う最後の誕生日になるかも…そんな、しみじみした思いで、プレゼントを選びました。

一人暮らしに使うような物をプレゼントしようかな?
キーケースの皮タイプなら喜ぶかな?
…と、色々考えたけど、やっぱり、毎年上げてる 本 にすることに。お母さんからのプレゼントは「本」という思い出も残ると嬉しいな。

引き寄せられるように向かった 本棚には、様々なジャンルの本が並んでいて…最初は、泉麻人さんが書いた お金の本にしよう、と思ってました。これから、社会に出る前に、お金の仕組みや必要な事を、私も十分に理解しているとは、言い難いので、本を読んで、知っておいて欲しいと思って。

でも、結局 この本「奇跡の絶景と運命を変えることば」に。なんせ、開いた時の 見たこともないような景色に、釘づけになってしまったので。地球の途方もない美しさは、神さまが与えて下さった、真理に繋がる道に見え、プレゼントする前に、じっくり見てしまいました。

そして、その写真に合わせて、ヘレンケラーやエジソン、チャップリン、ウォルトディズニーなど多数の著名人の、深い言葉が載せられています。

これから、社会に出て、様々な体験をする中で、この本の中のどれかが辛さや壁を乗り越える 助けになってくれるといいな。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:39Comments(0)お勧め本

2018年04月12日

お勧めの本とイベント

玄米屋さんが「面白かったですよ!」というので、借りた「病気に克つ 食事術」

はい、確かに面白かった。お腹を抱える面白いじゃなくて、興味深い方の面白い。熊本震災で体調を崩す方が多い中、酵素玄米と魚、野菜の昔ながらの食生活で乗り切り、周囲の方もいわゆる生活習慣病から脱することができたそう。「酵素玄米魚菜食」を中心にし、補うのに、ミネラル水、そして、万能酵素液!作り方まで掲載されてました。

色々やっていくと、行きつく先は似ているものですね〜。私もミネラルは意識して摂ってますし、今、これを書きながら、万能酵素液で足湯しています。摂取するのも良いのですが、皮膚吸収が更に効果的で、お風呂だとかなりの量が必要ですが、足湯なら、100%万能酵素液でやることができるので。一度だけの使用じゃ勿体ないから、3日目ですが…その中に、血液浄化作用のある よもぎを入れてたら、とろとろに溶けてしまってました。玄米菌の分解力を見せつけられ、更に効きそうな気がします(笑)

さて、カリーノで、友達の誕生日祝いを買いに行ったら… テンションが上がるイベントの告知をしてました。4月21日、22日、カリーノ地下

ラデッシュセブンで、コーヒーとパンのマルシェがあるそうです。出店のコーヒー店もロッサコーヒーさんや、コーヒーハマサキさん、恋史朗珈琲さん、都城や延岡のお店まで。飲めたとして、2杯位かな?どこのコーヒーにするか、ギリギリまで悩んじゃいます。この期間は朝7時からオープンされるそうなので、休日の朝をのんびり過ごせるのも、パン好きにはたまらないですね。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:16Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本お勧めのお店

2018年03月13日

本来の自分に

春めいてきましたね〜。あんまりにも気持ちの良いお天気だったから、お客様の合間を縫って、近くの文化の森に出掛け、ベンチで珈琲飲みながら、本を読んできました。家の中にいるのが勿体ない位…青空と優しい風に吹かれながら、心屋仁之助さんの「それもすべて、神さまのはからい」

ある時、ちょっとした事が心にひっかかり、ぐちぐちと不平不満を頭の中で繰り返していたんですが…ふと、「そうは言っても、元気に動ける体はあるし、好きな人と結婚でき、子供も三人も授かった。住む家も、大好きな仕事もできてる。神さまは全てを与えて下さってるんのに…こうやって不平不満を言うのって、神さまに言ってるのと同じだなぁ。」って。ないものについ目がいってしまうけど、ある物をあげたら、きりがない位、与えられてるんですよね。

そんなことがあったから、心屋仁之助さんの本を自然と手に取ってました。私が乳がんになって以来、心の旅をする中での気づきも、色々書いてあって、興味深く読めました。

人間は、「空気が読めて、理解力もあり、理論的。表現力もあって、多くの事を同時にこなせ、処理能力も高い」タイプと、「天然で癒し系、表現がストレートで、何でも素直に受取る」タイプに分けられる。世の中は前者になるように求められるから、後者にとっては、かなり頑張ってるのに、それでも怒られる…あ!これ、まんま私でした。

独身時代は、自分の事だけやっていれば、良かったから、気付かなかったんですが、結婚して、母になった頃は、やらなきゃいけ事が毎日、怒涛のように押し寄せ、がむしゃらに頑張って、良き妻、良き母になるように努力してました。でも、余裕がなくなると、「こんなに私は頑張ってるのに、労りの言葉もないの⁉️」って。…そっかぁ、私って、できる女性タイプになりたいと思ってた、ぼーとタイプだったから、200%の力を振り絞って、毎日過ごしてたのね〜。でも、主人は前者タイプだから、「いや、お前は頑張ってない。」って言葉が出てくるんだ。…思い出した!って感じに、思わず、笑ってしまいました。

なので、それを思い出してからは、本来の自分が心地よいことを、どんどんやってます。出来ない事は、できる人にお願いしたり、そもそも、しなくてもいいじゃない?って、思ったり。

心と体が軽くなりそうです。桜が少しずつ、可愛い花を見せてくれますね〜。今年はどこに、お花見に行こうかな?  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:07Comments(0)お勧め本暮らしの中で思うこと

2018年02月18日

体の取扱説明書


最近の日課…お弁当や朝食を作り終わった頃に、カーテンを開けるんですが、その時、丁度、朝陽が輝いているので、手を合わせ 、感謝と頂いた命をお役に立たせて下さい、と祈っています。

旧暦のお正月の前日(大晦日の日) に、図書館に行ったら、お手当てをする中で、疑問に思うことの答が沢山詰まった本に出合えました。

お手当てや食養生をすると、必ずと言っていいほど、反応が出ます。怠くなったり、眠くなったり、下痢や腫れ、吹出物、発熱する事も。

この本「からだの取扱説明書」は、中国医学の陰陽五行を取り入れ、人間の体には素晴らしい叡智が備わっていて、病気は元に戻ろうとする働きであり、それを邪魔しない事が大事だと…日頃、私が感じていた事が書かれてました。

血気エネルギー量によって、健康状態が分けられていて、エネルギーの高い子供がすぐ熱を出し、大人があまり高い熱が出ない訳が理解できました。要は、大人は血気エネルギーが低い人が多いので、熱を出すだけのエネルギーがないということなんです。

そんな大人も、休暇に入って、ゆっくりすると、血気エネルギーが上がるので、老廃物を処理できる状態になり、その結果、発熱したり、風邪症状がでたりするそうです。子供が夜 熱が出る理由も、そこにあるのかな?と思いました。丁度、三連休の時、義姉が高熱が出て、リンパが腫れ、大変だったと聞いて、なるほどと納得でした。

詳しく知りたい方は、是非、本を読まれることをお勧めします。(私は注文しました。)

血気エネルギーを高めていくと、様々な症状が出ますが、それは体が老廃物を処理して、体内を浄化するからですが…万能酵母液を飲み始めた時にも、塩水療法を始めた時にも、ヘルペスが出たり、湿疹が出たり、お腹の調子が悪くなったりしました。人によっては、それらの症状が辛くて、止める方もいらっしゃいましたが、勿体無い事です。

それの対処法も紹介されていたので、早速 実践しています。
①太腿 側面にある 胆のうの経絡の4カ所を左右50回ずつ、やや強めに叩く。
②早寝早起き(血液は夜寝ている間に造られる)… 何度も言われるけど、つい忘れてしまいがちでしたが、早起きして、する事にしました。
③腕にある心包経のマッサージ
④腹を立てない(ガンの原因は怒りにあり…分かる気がします。)
⑤胃腸を清潔に保つ

ナチュラルグリーンでは、経絡マッサージをやっていますが、例えば、便秘の方は腕にある大腸の経絡をマッサージすると痛がったりするので、内心「やはり繋がったるだなぁ」と思うことが度々でした。脚をマッサージしているのに、背中が痛んだりなど、一見 関係がないように見えて、そこは繋がりのある経絡なのです。そこの詰まりを解消する事で、老廃物が流れ、症状が消えるんです。

体の叡智を感じるのは、そんな時。ただ、好転反応は人によっては、辛いものですが、この本では、その対処も紹介されていたので、お客様にもどんどん 紹介していこうと思います。
経絡マッサージも、良かったら、是非、体験にいらして下さいませ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:07Comments(0)お勧め本

2017年10月09日

ビリギャルの坪田先生講演会

先日、ビリギャルで一躍有名になった 坪田先生の講演会があり、聞いてきました。

さすが、塾の講師だけあって、流れるようにお話され、内容もなるほどな、と思うことも度々でした。先生の塾では、ビリギャルが特別なことではなく、まぁよくあるとのこと。どうして、そんなことが出来るの?偏差値を40 上げるだなんて、特別な授業してるの?って、不思議でしたが… ようは、見つけて上げること。

勉強したいと思う ツボを相手とじっくり話しながら、探し、情熱に火を点け、分からないところからスタート。ちなみにビリギャルは、かけ算も全部は言えなかったそうです。

大学を選ぶ時に、行けそうなとこで選びがちですが、それだと、モチベーションのアップには、中々繋がりません。「無理!」って、学校の先生が言っても、行きたい、と思う気持ちが、机に向かわせます。浪人中の長男も、去年より、ずっと集中して、勉強してるのは、行きたい大学、学びたい学部がはっきりしてるからでしょうね。

一番、興味深かったのは、人間は本来マイナス思考だから、それを違う角度から言い変える…リフレーミングというそう。例えば、集中力がない→ 興味の幅が広い。
部屋が散らかってる→ 小さなことにこだわらない。なんて感じに。
家族って、本来なら受容して補い合うものだと思うんですが、中々 そうもいかず、お小言や、叱って 動かそうとしてしまいがち。なので、リフレーミングは、受取り方を変えて、ストレスを軽くしてくれそうです。
このリフレーミング…今、読んでる「月のリズムセラピー」 にも紹介されていて、びっくり。今まで聞いたことない言葉が、この2日間で続けて出てくるなんて…きっと、私に必要だから、引き寄せたんでしょうね。

今日も、三男に「お母さんの話を聞いてる⁉️」って怒ってしまったけど…直ぐに「他に興味のあることがあったんだね〜。」って、ちょっと笑えたのも、リフレーミングのおかげかな?

それと、同じことを聞いても、受け手によって、違う受取り方があるってこと。だから、夫婦でも、親子でも、行き違いがあるのは当然なんですね。同じ景色を見ていても、印象に残るとこが違うように。違うから、理解しようと努力する…その為に、20答法と言って 「私は◯◯です」と、自分についてを自分自身とパートナーや子供などのペアになってやるのを、勧められてました。自分はこう、と思ってたのも、パートナーや子供達から見たら、全く違う部分が見えるかもしれないですね。
3分間でやれるので、是非やってみて下さいね。後半は深層心理が現れるらしいですよ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:15Comments(0)お勧め本

2017年10月01日

腸を元気に


今日から10月…と同時に、今朝は肌寒く感じましたね。我が家の段取り将軍(主人)は、冬用の掛け布団やこたつ布団を干し、暖房器具まで出してました。もう少し先のような気もするんですが(笑)

さて、先日発売された「ゆほびか」に、「万能酵母液」の事が紹介されたので、昨日はじっくり読みました。ゆほびかでは、玄米酵母液、という表現で紹介されてましたが…セカンドバージョンのレシピも、初公開なので、受講が難しい方は是非、読まれて、作られて下さいね。発酵は、気温や玄米の使用回数、水によっても変わりますが、回数を重ねるごとに こつをつかんでいくと思います。

今回のゆほびかは、「腸の大掃除で病気が治る!肌、脳が若返る!」という内容で、色々紹介されていて、とても興味深かったです。先日、やったお手当て講座の中で… 肺の関連する臓器は腸で、腸を温めたり、食養生したりする事で、肺の不調を改善するって、お話をしたばかり。

横綱・白鵬が今年の夏場所で、一年ぶりの優勝を全勝で復活した理由は、断食とヨガだったとか。食べて食べて体を大きくするのが、強くなる秘訣と思われていたのが、白鵬は体が締まって、肌艶が戻ってきたそうです。1日2食にしたり、新月の日、丸1日断食するなど、取り入れやすい方法が紹介されていたので、次の新月(10月20日)に、やってみようと思います。

528ヘルツのCDや、腸のリンパ流しなども面白そう。宿便が取れて、腸が元気になると、お肌も綺麗になるだろうな〜。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:38Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本

2017年06月17日

ホ・オポノポノ実践中


先日のブログで、自分の内面を見つめざるをえない事がある、って書きましたが… もう、何というか、気づきや引き寄せが、勢いよくやってきている感じです。

凛ちゃんがいなくなって、2週間が経ち… 寂しさや心配が、夫への苛立ちに。「去勢して上げて」というのを無視してたから、こうなったのよ、とか。元々、外に出たい、自由な猫を閉じ込めてたからだわ、とか。

でも、そんな思いは、そのまま夫に届いていて、かなりのピリピリムードの我が家。今まで、凛ちゃんのおかげで癒された気持ちが、自分でちゃんと向き合いなさいと、言われる気がします。今の夫との関係を考えるうちに…それは、夫の両親、私の両親の問題と、びっくりするほど似ている事に気づきました。それぞれが抱えていた問題を解消しなければ、次は息子達に、その問題を渡してしまうことになる…これは、ちゃんと向き合おうと。

そんな時に手に取った 以前読んで本の中に、共通のキーワードがありました。斎藤一人さんの「大丈夫だよ、すべてはうまくいってるからね。」と「あなたも魔法使いになれる ホ・オポノポノ」… それは、目の前の現実は、どんな出来事も100%自分が原因、だという事。どの本か忘れたけど、他にも同じことが。自分の内面が相手を通して、見せられる、という事を知ってはいても…それでも、誰かのせいにしたり、「相手の問題は、その人が乗り越える課題」と思ってたから、以前読んだ時には、きっとスルーしてたみたい。

今回は、凛ちゃんの事があり、「私の課題が目の前にあるんだ」と、繰り返し本を読み、沢山の葛藤をし、やっと腑に落ちた気がします。長男が浪人してるのも、義母が亡くなったのも…。そこで、とても惹かれたのが、ハワイの問題解決法 「ホ・オポノポノ」。図書館で、数冊借りて、2日間で二度ずつ読む位(笑)

問題を4つの言葉でクリーニングする、この方法は、シンプル。

ごめんなさい。
ゆるして下さい。
愛しています。
ありがとう。

以前読んだ時には、暫く続けたけれど、いつの間にか忘れていました。言うは易く、行うは難し、と書いてありましたが、今回 不思議な体験をしたので、日々 クリーニングしたいと思います。

やっていて、驚いたのは、頭の中は常に…もう、うるさい位、会話(誰と?自分自身と) してる、ってこと。それも、プラスの事なら良いけど、大抵は言い訳や、夫への抵抗感(苦笑) …それは、びっくりするほど続いてるんです。常に思考してる自覚はあっても、内容までの感覚はなかったから、愕然。これは、もう何から何までクリーニングしなきゃ、と先ほどのフレーズを繰り返しました。

自分の体に、アロマの部屋に、家に、庭の草花に、子供達に、夫に…そして、お客様にも。その日は、来られる前から、私自身とお客様に対し、クリーニングし、びわ温灸をしている最中も、心の中で繰り返していました。すると終わった途端、お客様が「今日の何⁉️ もう、今までで一番 気持ち良かった!伝えたかったけど、余りにも気持ち良くて、もうろうとしてたから、言えなかったの」と。毎週来て下さるお客様からの嬉しい お言葉。

他にも、色々面白い事が続いています。本当、不思議。興味のある方は、是非、本を読まれて、実行されてみて下さい。沢山の方が自分を生きると、この世の中はきっと楽園になるでしょうね。  


Posted by ナチュラルグリーン at 21:51Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本

2017年04月26日

免疫革命

「免疫革命」など、多くの免疫力に関する本を書かれている医師の安保徹先生が亡くなった、と聞いて、びっくり。それも、昨年の12月のことなのに、マスコミでは一切、取り上げられてないとか。インターネットでは色々情報も出ていて、「私が突然死したら、殺されたと思って。」と言われていた、という話も出ているそうです。

「免疫革命」の他にも数冊 著書を読んでますが、読んだ時に、体の精巧で深淵な仕組みに感動すら覚えてしまったほどでした。
症状には意味があり、体が治ろうとする反応だから、それを止めてはいけない、と。数値は変動するもので、目安にする位が良く、惑わされてもいけない。年齢が上がるほど血圧は上がるもので、それを降圧剤で無理に下げることで、脳への血流が悪くなり、認知症の原因の一つになっている、など。今の医学とは違う立場で発言されてましたので、様々な圧力はあったようです。

数年前に宮崎にいらした時の講演会では、東北弁のほんわかした話し口ながらも、医師として病人を助けたい、という強い志が伝わってきました。私自身も、食事療法やお手当てなどのケアが免疫力を高めることに繋がっているので、安心して取組むことができるようになったのです。…なので、とても残念でなりません。どうぞ安らかに…。

こんな混沌とした流れの中で、何が自分に出来るのだろうと、考えると、私自身がちゃんと生きる、ことに他ならないのかな、と思います。自分の足元…家庭の事をちゃんと整え、特に食を大事にする。生きる基礎を作って、次の時代を築く子供達を社会に送り出す。当たり前の事を、心を平静に 淡々とやっていきたいと思います。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:45Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本

2017年04月22日

読んでみて



最近、出合う本、全てがどんぴしゃりと響いています。

今日、出合ったのが 「見てる、知ってる、考えてる」。10歳の男の子のつぶやきの本。私が50数年かけて、腑に落ちてきた事を、たった10歳の、小学校に通わず、自宅学習をしている男の子が、分かりやすい言葉で、ずばっと書いているんです。飾らない分、すっと、心の奥深くに入ってくる…そして、何かを探す人の多い、今、とっても深いメッセージになっています。

本当、子供は既に分かっている…親や周りの大人が、それを忘れさせているだけなんでしょうね。だから、ー本来の自分を探す旅に出る方が多いのかもしれません。でも、その過程もきっと必要な流れ。回り道をするからこそ、大人がこの男の子の言葉にはっと出来る。目覚めることができるんだと思います。

この本にも、書いてましたが…私は自分の行動を、やりたいか、やりたくないか、で決めることが多いんです。今日も、特段 用もなかったけれど、本屋さんに行きたいなぁ、と思ったので、行動に移しました。そうしたら、ピンとくる本に出合ったし、先週、玄米屋さんから提案のあった「子供食堂」のアイデアを持つ方と偶然、お会いできました。

私自身、「今のお母さん達は本当によく頑張っている!私も頑張ってる!」と、思ってますが…やらねばならぬ事に忙殺され、怒ってばかりのお母さんになってた頃がありました(ほんの少し前まで 笑)。そして、それをよく分かってくれるのが家族ではなく、お母さん仲間ですが…今日、久しぶりにお会いした方も、そんなお母さん達のフォローする活動をされてるんです。女性が女性を癒す…自分が自分を癒す時代になってきた感があります。

10歳の男の子の本も、癒しのエネルギーが沢山あります。良かったら、読んでみて下さいね。

暮しの手帖の別冊 「家事じょうずの暮らし」は、日々の暮らしを楽しむ為のヒントが盛り沢山。ニコニコお母さんの為に、心掛けている事は、心地よい暮らしを、心地良く段取る。先日、お泊りしてくれた友人が「別人のような 工夫だね〜!」と、びっくりの感想を口にしてくれましたが、自分で自分を追い詰めていた頃は、鬼の形相でごはん作ってたかも。先日は、カットして冷凍した野菜を使ったりして、包丁を握らず、夕飯を作った時には、「もう、終わった!」と自分で感動する位、短時間で作り終えました。この話は、またの機会にご紹介しますね。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:22Comments(0)お勧め本暮らしの中で思うこと

2016年10月31日

体が治る食養


今宵は新月。見えない月を思いながら、静かに雨音に耳を傾けています。

ここ数年、急激にハロウィンが流行ってますが、どんな由来があるのかも、分からないので、お菓子メーカーの戦略?くらいに思ってます。それより、週末にあった 神武様は、笛や太鼓の音に心がくすぐられました。やっぱり、お祭り好きです。

さて、私が乳がんを患って以降、自然な食や手当てを実践しているので、ナチュラルグリーンに来られる方々からは 「どんな食事が良いのですか?何を食べたらいいのでしょうか?」と、よくご質問があります。私自身も最初の頃は、巷に溢れる情報の中から、どれがいいのか、迷うこともありました。

人参ジュースを一生懸命 飲んでた時期もありましたし、一日一食にしたり、マクロビやローフードをかじったり…その時々で変化していますが、なんとなく変わらないのが…「玄米菜食」、そう、昔ながらの食事です。動物性のヨーグルトは日本人は分解できる酵素を持ってないけど、同じ乳酸菌なら、ぬか漬けは腸まで届き、消化酵素も働いてくれる。日本人に合う食事は古来から日本人が食べていたもの。

それを裏付けてくれる 本に出合いました。
「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる…秋山龍三著

この方、現在85歳で、ふるさと村で食養術を教えてらっしゃるんですが、70歳代の時に、生まれて初めて、病院に行き、健康診断を受けたそうです。その時に、内臓が驚きの20歳代‼️ ドクターもあまりの若さに、お金を支払って治験をされた位。一度も薬を飲んだ事はなく、健康診断もなく、酒煙草はされてたけれど、唯一ずっと続けていたのが、昔ながらの食事。江戸時代の飛脚や女性が60キロの米俵6俵を担いでいた話も紹介されていて、万能酵母液の話ともリンクして、やはり手に取っただけの意味があったな、と嬉しくなりました。

一汁三菜、玄米をゆっくり噛んで食べる。晩ご飯の後は朝と昼の間に食べ、しっかり胃腸を休ませる時間を取る。本物、本醸造の調味料と旬の野菜を食べる… これは、自然療法の東城百合子さんや若杉ばあちゃん、色んな方が本に書いてらっしゃるんですが、私には一番しっくりする考え方。

朝、軽く食事しても、お腹が重くて、中々腰が上がらなかったんですが、梅醤番茶を一杯飲む位だと、すっきりして、すぐに次の行動に移れるようになりました。朝起きぬけには、「ご飯要らないー!」って、子供達も時々言ってましたけど…「早寝早起き朝ごはん」の頭がある私は「食べられるだけ食べなさい。」って言ってました。でも、子供の方がちゃんと体からのメッセージ受け取ってたんですね。胃からの消化液も11時前後に分泌されるらしいので、理にかなってますよね。

もう一冊は、「世にも美しいがんの治し方」のムラキテルミさんの本。この方は末期ガンを化学療法や手術をせずに、人参ジュースと生姜紅茶で治癒させた方で、末期ガンの方に希望を与えて下さってます。この中で、頑固な便秘を煮小豆だけを食べて解消する方法が紹介されてましたが、簡単な方法なので、是非実践して頂きたいと思います。便秘は体中に毒素をばら撒き、病気の原因を作ってしまうので、急いで解消して頂きたいのです。

どんな食養にしても、しばらく続け、体にどんな反応が出るのか、体の声を聞きながら、やってみて下さいね。顔が皆 違うように、体の中も違いますので、是非 耳を傾けて、体と仲良くなって下さいね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:26Comments(0)お勧め本大切な食のこと

2016年04月05日

体の仕組みに感謝


桜があちこちで、美しく咲いていますね。冬の間は、近くても つい車を使ってましたが、自転車がとても気持ち良い季節になりました。「綺麗だなぁ〜。」と思ったら、ゆっくり走らせたり、止まって しばし眺めたり…春はやはり大好きな季節です。

ただ、春は芽吹きの季節でも、あります。お肌のトラブルも多いのではないでしょうか?

私は先週一週間、顔に赤みと痒みが出て、おてもやん状態でした。十数年前に、日用品を安全な物に変え、ミネラルを飲み始めた頃にも、同じ状態になった事があります。その時は、余りの痒みと炎症に、どうしていいかわからず、ミネラルを飲むのを止めたり、化粧水も沁みるから、ホホバオイルだけを塗ったりと、試行錯誤。その後、3回同じ状態になったものの、炎症の期間は徐々に短くなって、それ以降はなくなりました。考えてみたら、食を変えていなかったので、繰り返し出たのかもしれません。

あの時と同じ状態だったので、お化粧はせずに、納豆菌水の化粧水とクリームの中に、痒みと炎症を抑えるアロマ(ローマンカモミール、ティーツリー、ラベンダー)を入れ、ひたすら塗ってました。痒いと、つい掻いてしまってたのですが、一週間ですっかり元に戻りました。


春は、解毒をお肌でもするようになるので、普通でも、こんな感じになりやすいのですが、万能酵母液を飲んでいる為に、余計出やすいと思います。よく、「反応が怖いから、飲めない。」という声も聞きますが、体を浄化している何よりの証しなので、是非挑戦して頂きたいと思います。

酵母液を飲みながら、出た反応は抑えずに、不快な症状を早めに消したい時には、アロマを活用したり、低温サウナや岩盤浴などで、深部の汗をかいて、老廃物や不用な化学物質を早く出すようにすると、楽になります。解毒器官の肝臓にこんにゃく湿布をするとも、排毒を助けるので、お勧めですよ。

体が変わる万能酵母液講座。5月16日の講座にも、是非お友達お誘い合わせ下さい。12日には高鍋で、春のお手当て講座を開催します。私達 人間も、自然の中で循環して生かされています。自然に負担をかけない方法は、体の健康であろうとする働きも助けてくれるんですよ。こちらの方へも、是非どうぞ。

大林宣彦監督の本「あしたづくり」。自然の一部だと認識しながら、他を思いやることが人間には出来る。それを、思い起こす必要が今…お勧めの本です。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:09Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本

2015年11月12日

思うだけで

今日は新月✨太陽太陰暦では始まりの朔日。神様が出雲に集まることから、神無月(出雲だけ神在月)。

年賀状も売り出しになり、来年を見据えて、行動されている方もいらっしゃるでしょうね。新月に向け、願いを言霊にすると、叶うと言われています。叶う…十回、口にすると書いて、叶う。日本語は、それだけで、力があります。良い言霊を口から出して、心が奮え、それが共振して、良い事や人が集まってくるという…深いですね。

晦日の昨日は、カリーノに用事があり、出掛けたら、「ナチュラルグリーンさんですよね?」と声をかけて頂きました。ブログを見て下さってたようで、これも共振しているからだと思います。本当嬉しいこと✨

そんな昨日は、また、今にぴったりの本とも出合いました。齋藤一人さんの「大丈夫だよ、すべてはうまくいってるからね。」

人は…って言うか、私は特に、出来てない部分に目を向けてしまいます。自分にも子供にも、夫にも。だから、つい「また片付けてない。」「帰ったら、すぐにすることあるんじゃないの?」などの小言が出てしまいます。そうすると、子供も、イラッとした返事になり、私もイライラに。子供が将来、ちゃんと生活出来るように、という親心でもあるんですが…最近、ちょっとマイナスが多いなぁと、自分でも思ってたところに、一人さんの本です。

「できない事はできないの。それも才能。どう活かすか?なの。だから、自分はダメだと思わなくていいの。自分にできない事があると分かると、人にもできない事があるって、分かるから、やってあげるんだよ。」というメッセージが響いて、今朝は、三男そう君の、のんびり状態(いつもは、これをぐーたら状態と思ってた!) も、気にならず。そうしたら、不思議な事に、今まで、片付けてなかった 週末の遠征の荷物を片付け始めたんですよ!いつも、片付け ちゃんとしてる?って言ってたから、その言葉の何かに反応するように、やってなかったんだなぁと、納得。思いが現実化するのを、改めて実感しました。

其々、この世の中で、為すべき事があって、生まれてきた私達。それは幸せに向かう道だから、大丈夫だよ…って、私も沢山の方に、伝えたいな、と思っています。だから、リコネクションのお仕事も、してるんです。きちんと自分と宇宙のエネルギーが繋がってる安心感を感じて、この世を楽しんでいって欲しいって。この本も、様々な法則や振動数を上げる方法も書いてあり、とてもお勧めです。

「大丈夫!大丈夫!全ては幸せになるようになってるから。」



  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:42Comments(0)お勧め本

2014年10月01日

じゅぴあさんに



今日は、先日 取材をして下さった 「じゅぴあ」さんの発売日。昨日、わざわざ、持ってきて下さったので、夜、じっくりと見させてもらいました。

なんせ…「甘い誘惑 大人のスィーツ」特集!私にぴったりの特集!どれもこれも美味しそうで、手土産にしたいスィーツも沢山 掲載されていたので、思わずニコニコしながら、見てしまいました。

肝心の「がん を経て、今」。取り止めもなくお話した内容を、2ページに渡って、分かりやすく まとめて下さってました。さすがプロ!

読み返して、色々思い出してしまいました。乳がんと診断されてから、1年ほどは、夫とほんの数人の友人に話した以外は、誰にも言えず…自分でも心とうまく向き合うことができなかったな。それが、体の声を聞く生活を心がけ、そうするうちに、心が一番大事だと思い、行動できるようになったら、少しずつ、言えるようになり、ブログに書いた時に凄く気持ちが軽くなったのを、覚えています。

自宅サロン ナチュラルグリーンに来られる方も、体調を整えたいという方が多いのですが、私自身の体験からも、お客様と向き合う中でも、心が病気を呼んでいる部分もあるなぁ、と感じる事があります。だから、こうやって元気にやってますよ、好きな事やっていいんですよ、と発信したいな、と思うようになりました。

昨日も、波動や波長の話を書きましたが…そう、私が強く思っていたから、記者さんの目にブログが留まったり、関係する方とご縁が出来たり、したんだろうなと思います。本当、お陰様で生かされてます。…やっぱり 愛と感謝ですね。

もし、良かったら、手に取って!読んで下さると嬉しいです。ナチュラルグリーンでも、数冊 販売用に置きたいと思いますので、ご希望の方はどうぞ。

そして、明日は、連続アロマ講座の3回目。精油のブレンドの仕方を学び、アロマ石鹸を手づくりします。殺菌、美容…色々できますよ。一回のみの参加も大歓迎です。ご希望の方は、080-5256-9170まで、どうぞ。  


Posted by ナチュラルグリーン at 12:52Comments(3)お勧め本

2014年09月09日

初めに言葉ありき


今日は吹き流したような雲が広がって、美しいですね。重陽の節句に、今夜はスーパームーンの満月。昨日は中秋の名月でしたし、空を見上げて、様々なものに思いを馳せる時を、沢山の方が過ごしそうです。遅ればせながら、お月見団子を作ります。

昨日は延期になった長男の高校の運動会でした。見には行けなかったけれど、高校生らしい楽しい時間だったみたいです。一番盛り上がったのは、騎馬戦と棒倒し。上半身裸の男の子が登場しただけで、かなりの歓声が上がったらしいです。そこのところをちゃーんと分かっているらしく、事前に鍛えてました。腹筋がなんちゃら、胸筋がなんちゃらと、嬉しそうに話してましたから。

そうそう、腹筋と言えば…子供部屋をふと覗くと、三男が横になり、お腹の上には、長男の鉄アレイが!何をしてるか尋ねると、「俺も腹筋つける」…って!それじゃあ無理でしょう⁉︎

先週は、空いた時間を見つけては、図書館で勉強。家だと、つい家事をしちゃうので、中々、勉強の時間が取れないものですから。そして、毎回、ぱらっと見た本が、今まさに役立つ、有難いなぁという体験もしています。

「水の真力」。江本勝さんの「水からの伝言」は以前読んでいましたが、久しぶりに読むと、凄く大切な事を再認識させてもらいました。「ありがとう」と書いた紙を貼って、水を凍らせると、とても綺麗な結晶を作りますが、同じ水に「ばかやろう」と書くと、形が崩れてしまうそうです。人間の体も水分は70%…地球の海の割合と同じなんです!凄い!言葉によって、細胞までもが変わるなんて、本当言葉を大事にしなきゃ、って、つくづく思います。

興味深い実験が写真付きで掲載されていますが、「ありがとう」と「ばかやろう」と書いた紙を貼った お米の変化は、「ありがとう」が15日後には発酵したかのような香りが。「ばかやろう」は早く真っ黒にカビてしまいましたが、もっと早く腐ったのは、何んもしない、声をかけないご飯だったそうです。いじめも無視が一番きついというけれど、それもこの実験でよく分かりました。

それと、もう一つ衝撃的だったのは、お母さんがごきげんで作った食事はエネルギーが高いのに、怒りながらとか、文句言いながら作ると、レトルト食品より、マイナスなエネルギーになるんです。夕方の忙しい時間に、ついつい声を荒げる事もあるけれど、もう忙しくって大変っていう時は、感謝しながらレトルト食べる方がずっと良かったんですね。勿論、お母さんが「美味しくな〜れ」とニコニコしながら作るのが一番ですけど。

子育ても、病気も、氣の持ちようで天にも地にもなると思うと、やっぱり、言葉を大切にして、気楽に生きていけるといいですね。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:17Comments(0)お勧め本

2014年09月01日

じゅぴあ


土曜、日曜と長男の一年生大会の付き添いの為、延岡で一泊。赤点とった長男は、記念すべき一年生大会に出ることは出来なかったけど、実はとっても心が温かくなることがあったんです。

金曜の夜、部活が終わった時に、出場できないと聞いた長男は、1人帰ったんですけど、他の一年生は「納得できない」と、先生に直談判すべく探したそうです。でも、見つからなかったから、二年生に相談したら、何人かの二年生が先生に電話をしてくれ、特にキャプテンは…長男がいかに頑張っていたかを中学の事まで持ち出して、話してくれたそうです。翌朝、その話を聞いて、もうとっても嬉しくって、そんな仲間に出会えた事に感謝でいっぱいでした。とりあえず、ユニフォームを貰えた長男は、それだけで、凄く嬉しそうに裏方をしてました。二年生がわざわざ延岡まで応援しに来てくれたんですが、その応援も、めちゃくちゃ楽しそうに。間に「たいし出せ。たいし出せ。」とか名前コールをしてくれたり…コートには立てなかったけど、一体感に包まれた試合でした。試合後、先生が「たいしも辛かったけど、俺も辛かった。たいしコールの時、よっぽど出そうかと、凄く悩んだ」と、言って下さったそうで、先生の気持ちもわかり、出場できなかった事で、嬉しい感情をいっぱい味わえたのかもしれませんね。ちなみに、その日は勝って、延岡泊まり。翌日は負けてしまったので、残念でしたが、きっと大人になっても強烈に思い出すだろう出来事でした。まさに青春ですね。

  続きを読む


Posted by ナチュラルグリーン at 22:59Comments(0)お勧め本

2014年05月07日

ご機嫌の法則

昨日の積み木は、頂いて下さる方がみつかりました。ブログ上にて、お礼申し上げます。無駄にならず、命が続く感じがして、嬉しいです。いっぱい遊んでもらえるように…。

さて、今日は自分でも笑ってしまう位、ドタバタな一日になりました。明日、お客様と四人で味噌作りをするので、一粒の種さんから教えてもらった 松元味噌さんに麹を買いに、午前中行ったんですが…瓜生野のお店に着く直前、財布を持ってきてない事に気付いて、びっくり!バッグの中を何かないかと探してみたら、セブンイレブンで引き出せるカードを発見〜!最近、コンビニやセブンイレブンって、地図の目印にも役立ってるな、と思ってたけど、こんな時にも役に立ってくれるんだ、とほっと胸を撫で下ろし、無事に8kgの米麹を購入できました。本当良かった!

河川敷沿いを、ドライブ気分で車を走らせ、ちょっと早めのお昼に、平和台のひむか村の宝箱さんへ。そしたら、丁度、串間のカフェ10 さんのグラノーラと日向夏ケーキが届いたばかり。午後のお客様後の、ほっと一息に購入したのは言うまでもありません。これだけでも、テンション上がってましたが、もう一つ、とっても素敵な本と出合いました✨

「ご機嫌の法則 100」 伊藤守 著/ディスカヴァー・トゥエンティワン発行

短い文章なんですが、心にすいすい入ってきて、じーん✨ うるうるしながら読み、家に帰って、再度読み、心が晴れ晴れ。

「コミュニケーションから、裁判官と弁護士をなくしなさい。もちろん、検事も」
…ついつい、ジャッジしてしまう私の癖。だから、頭の中で言い訳したり、相手を責めたり。何にも言われてないのにも関わらず。それに気づくと、はっとして思考のループから抜け出せるけど、それをつい繰り返しては、自分で自分を追い詰めてた私。

「人の心なんて、読めなくていい。でも、人の心が感じられたら、とてもいい。」

…自分の感情にニックネームつけるといいよ、って書いてあったから、自分を責める思考に入った時に、「呼ばれて、飛び出て、じゃじゃじゃ じゃーん!」

って言う事に。(懐かしいー!ハクション大魔王のご機嫌な感じ) それか、「それでいいのだ〜!」とバカボンのパパ風に言うだけで、くすりとご機嫌になれるから、あら不思議。

自分が自分を幸せにすることもできるし、不機嫌にすることもできる…解っていたつもりでも、とてもすっと胸に入ってきました。

こんな本に出合わせてもらって、本当、私は幸せ!ついています。ご機嫌…朝の連ドラ、ごきげんようって、美輪明宏さんと毎回最後の言われるのが、心に残ってたけど、これともリンクして、しみじみ、この世は上手くできているって思ってしまいます。

そうそう、お弁当食べて、本とカフェ10さんのスィーツを買って、ご機嫌な私でしたが、会計する時に、お金がまたもや見当たらず、一度は購入を諦めたんです。車の中を探しも見当たらず…しばしかんか…麹を入れた袋をチェック。やっぱり入ってました。良かった〜!すんなり買えるより、喜びが何倍にもなったのは、やっぱりついてる⁈

「ご機嫌な人は、いつでも、いま目の前にあることを楽しむ準備ができている。だから、いつも楽しい。
不機嫌な人は、いつも、いまここにない、楽しくないことを探しいる。だから、いつも楽しくない。」  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:44Comments(0)お勧め本

2014年04月04日

引き寄せられた本達

できた〜!久しぶりの画像アップできました!いきなり、美味しい画像ですが、私らしいということで、ご容赦下さい〜(笑)

春休み中、三男が私に付き合ってくれてます。一日は朔日詣りに、江田神社へ。火曜だったから、フーデリー青葉店に、ママチャイルさんのマクロビ弁当を買ってから、お詣りしようと思ったのですが、まだ到着してなくて、残念!代わりに玄米と煮物を購入しました。面白かったのは、消費税引き上げ翌日だったから、フーデリーさんに人出の少ない事!あんなに人のいないフーデリーさんは初めてでした。



清い気持ちで、お詣りがすみ、神社隣の公園で、お弁当タイム。外で食べるだけでも気持ち良いけど、その上、花々や木々の緑の鮮やかさに心和む時間でした。

そして、今日は、平和台のひむか村の宝箱さんへ 松の力の洗剤を購入しに。ついでに、2人でランチ。来週火曜日が中学の入学式…学校が始まり、部活も始まると、こうやって出掛ける事も難しいだろうな、と思うと、一緒についてきてくれるうちが花ですね。


  続きを読む


Posted by ナチュラルグリーン at 22:18Comments(0)お勧め本

2014年01月05日

永遠のゼロ

帰省から戻り、家事を済ませても、時間があるっ!こんな時は読書でしょう!と、読みたかった本をやっと読破。普段はつい、心と体を癒す為の本を読んでしまうけど、たっぷり時間があるから、小説…「永遠のゼロ」百田尚樹著を。

色んな所で目にしてたし、お勧め本の中にもよく出てたから、昨年の二男の誕生日プレゼントだったんです。本人は未だに読んでないのは残念ですが、きゅんとにもお勧め本に入ってたのを見て、「これだけ、お勧めをみるからには、やっぱり読んでみよう」と…気がつけば5時間位熱中して読んでしまいました。

人生の目的を見失なってた青年が、本当のおじいちゃんの存在を知り、おじいちゃんについて調べるうちに、戦争、その真っ只中に放り込まれた一人一人の思い、やるせなさ、苦しみ、葛藤…言葉では言い表す事も難しい感情。それ故、戦争を語ることすら出来なかった体験者から、語られる真実の重さ。それを見聞きするうちに、主人公にも心の変化、成長がもたらされるお話。最後はあっと驚く真実も出てきたけど、そこに至る心情を思うと、涙が。あ!思い出すだけで今も涙してしまう。

フィクションだけど、きっと大なり小なり、似たような事はきっとあったに違いないだろうな、と思える内容でした。戦争については漠然と思ってた事が、とてもリアルに感じられるお話でした。考えてみたら、私の祖父も戦争に行ってたけど、その詳しい話は一度も聞いた事がなかったんです。どの道を選んでも、苦しみ悩み、辛さはあっただろう戦争はどんな理由があったとしても、進んではいけない。そこには豊かさも発展もありはしないと、強く思いました。両親、祖父母、そのまたおじいちゃん、おばあちゃん…ずっとずっとさかのぼっても、誰が欠けても、私は存在しなくなるんです。戦国時代、食べる事も満足にできない時代、沢山の時代の中を、生きて、繋いで下さったご先祖様( ずっと遡ると、もしかしたら人類皆兄弟⁈ ) のおかげで、私達は生を全う出来てるんですよね。本当に有難いことです。生きることを怠けていては申し訳ない、勿体無いとも思いました。楽する事を豊かさだと、勘違いしてしまいそうになるけれど、自分の命をピカピカに輝かせる為に、きちんと生きていきたいと、改めて思います。

今年は種を蒔き、育てる時期に入った感のあるナチュラルグリーンです。明日から仕事始め。スタートはびわ講習会から。びわ療法の基礎知識を学び、生活に活かして頂けるような内容です。看護師さんなので、現場で活用できる日がくれば嬉しいな。ふふっ、やっぱり仕事の事考えると楽しくなっちゃう。

今年もナチュラルグリーンをよろしくお願いします!  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:18Comments(0)お勧め本

2013年12月12日

土鍋にはまる

引き続き、写真がアップできないけど…土鍋買いました。無印良品の黒い土鍋…テンション上がります。

今日は元気いっぱいの 今ここ農園さんの野菜が届く日。昨日のうちに、使い始めのお粥を炊いたから、今日から普通に使えるようになった土鍋。お野菜の中には、いのち塾の大きなかぼちゃが入ってたから、早速土鍋で煮物を作りました。かぼちゃの味がしっかりと美味しくできました〜!かぼちゃの力はあるし、土鍋で作ったし、言うこと無しの美味しさでしたよ。

何故ゆえ、土鍋でテンション上がるのかというと、若杉ばあちゃんの本を読んだから。「こうして作れば医者はいらない」若杉文子著 。マクロビオティックを基本にした一汁一菜の食生活で、元気いっぱいのおばあちゃんが、食について
小気味いい位、はっきりと書いた本なんですが、その中で、煮物もご飯も味噌汁も全て土鍋で煮たきしてるそうなんです。土鍋は遠赤外線効果でゆっくり熱が入り、冷めにくい特長から、美味しく仕上がるそうです。そう言えば、少し前に土鍋を使った調理法が紹介されてたけど、なんでも使えるのね、って思ったばかりでした。本を読むと、どうしても土鍋が欲しくなって…大きな鉄鍋はあったから、それで十分と思い、持ってなかったんです。それで、イオンに行ったら、びっくり。どこで作られたものか、ちゃんと書いてあるんですね。一番安いのは、中国製。少し高くなるとマレーシア製。一番高いのは日本製でした。若杉ばあちゃんの本に、土鍋を作る際に外国製は不純物が入ってる恐れがあるから、長く煮たきする分、安全な日本製がいいって書いてあったので、迷わず日本製のにしようと思ってました。オーソドックスな柄より無印の土鍋の方がテンション上がるデザインだったので、迷ったあげく、無印のに。無印の土鍋を使った料理本も出てましたよ。毎日使おうと思ってるから、台所に立つのが楽しくなるものを選びました。若杉ばあちゃんは陰陽のバランスを取る為に、野菜には必ず塩を一振りしてから、調理するそうなので、早速真似してます。

今日のかぼちゃ、自然農で育てられたエネルギーいっぱいのなので、わたや種も使おうと思って、取ってあります。まずはスムージーか柔らかく煮てスープに入れるか、どちらか。大根葉も漬物や胡麻炒めが続いたから、これもスープに。これも土鍋が活躍してくれそうです。本当作るのが楽しみ〜!  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:30Comments(0)お勧め本

2013年08月27日

船井幸雄さんの本

今朝は、暑がりの子供達もしっかりタオルケットにくるまっている位、急に秋が、きたかのような気温でしたね。夏休みが終わると、運動会…秋がすぐそこにきているようですね。

秋といえば、読書の秋!思いおこせば、小学校、中学、高校まで図書係だった私。貸出しカードを何枚までいくか、男の子と競争してた時期もありました。私が借りた本には、いつもその男の子の名前があって、「また先を越された!」と悔しがったり、私が先に名前を書いた時は妙に嬉しかったり…本当かわいいもんでした。

先週、久しぶりに船井幸雄さんの本を借りて、とても興味深かったから、今回もまた船井さんの本。船井幸雄さんは知る人ぞ知る「経営の神様」。数十年も、時の流れ、経済の流れを読み、アドバイスをして沢山の会社を大きくした方です。本来なら、私は余り興味がわかない分野の方ですが、船井さんは社会や人を見つめる中で、人生の真実…自分のお役目や使命、魂や波動といった事に対しても近年はかなりの著書があります。

私は「13歳の生き方哲学」という思春期の子供向けに書かれた本を読んだ時(プレゼント用だったんですが) 、これは大人にも読んで欲しい!という位、シンプルにいかに生きていけば良いのかが書かれてました。
本を沢山読むこと。
場を整え、身の回りを綺麗に掃除すること。勿論、トイレ掃除は特に。
学ぶこと、その楽しさを見つけること。
当たり前のことが、わかりやすく書いてあったので、すっと入りますよ。

先週は「有意の人」。これは、人生の真実について、もう書ける時期がらきたと、率直に書かれてありました。
世の中で起こることは、全て必然、必要、ベストと考えていいようだ。だから、プラス発想できるまで勉強して、プラス思考で対処しよう。私がここ数年で、出会ったキーワードも沢山でてきます。「日月神事」「愛しのテラへ」…もっといっぱいありますが、一番びっくりしたのは、「リコネクション」のキーワードが出てきた事です。私が行っているリコネクティブ周波数を感じてもらうヒーリングとは違いますが、再結合という意味は同じに使ってらっしゃいました。一度は離れた地球や宇宙との繋がりを、再び取り戻すという、意味で。

そして、今回の本「180度の大激変」も、とても納得しながら、読みました。時代は世界恐慌と大天災が続くけれど、直感を信じ、人の為になる生き方をすれば、より深い幸せが訪れ、争いもなくなり、素晴らしい地球になる。ホーオポノポノや思いを実現化するこつも書かれてましたよ。


興味がある方は是非、読まれてみて下さい。ピンとこない所もあると思いますが、実践するうちに納得できると思います。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:35Comments(0)お勧め本