2009年12月18日

ひむか村の宝箱

昨日は、お昼の時間がポッと空いたので、平和台のひむか村の宝箱に行ってきました。

写真のスープセット…これが食べたかったんですさつまいもに豆乳ベース、そしてひよこ豆も入ってるスープは最後まで温かくって本当に美味しかった〜!それに雑穀パンに手作りジャム、大豆サラダ。デザートはしょうがティーにしました。

「体も心も喜ぶなぁ」とニコニコしながら食事していると…
「玄米菜食」
「免疫学の安保先生」「乳ガン」
「岩盤浴」
「早川農園(無農薬野菜)」
「びわ温灸」
などなど、私の中のキーワードがお隣のご夫婦と農家の方らしき男性との会話に出るわ、出るわ。もう、耳をダンボ状態にして聞いていました。
そんな私の「聞きたい」オーラが伝わったのか、目があって…会話に入れて頂きました。男性の奥様が乳ガンを患った時…きちんとしたマクロビをやり、びわ温灸をやったら…カチカチだった腫瘍が小さくなって、終いには消滅したそうです。
やっぱり、大地につながった食事と体を温める事の大切さ、そして抗がん剤作用のあるびわ灸は私にぴったり(どなたにもですね)
そして、ちょっとした疑問があって、実行できてなかった堆肥作りも、生ゴミにすぐEM菌をかける方法を教えて頂いて…即実行に移せそうです。
そして、ご夫婦もとってもいい雰囲気の方達でお話をさせて頂いてたら…大塚保育園の理事長ご夫婦でした。保育園ではアロマを芳香されていて、今回のインフルエンザも軽くて済んでいる。花粉症がでなくなった方もいる…と聞いて、嬉しくなりました

入荷したばかりの無農薬野菜もしっかりゲットし(特に人参は甘くてめちゃくちゃ美味しい!)美味しい食事を頂き、楽しい会話ができて…昨日、ひむか村の宝箱に行きたくなった訳はこれだったんだなぁ…と巡り合わせの妙に、幸せを感じた1日でした。

『生かされている…この今こそが有難い』
  


Posted by ナチュラルグリーン at 21:55Comments(4)