2011年11月30日

岡部賢二講演会

明日から12月だと言うのに、まぁ暖かい1日でしたね。ジャケットも不要な11月は初めてじゃないかな?

お客様から頂いたお花…お花は見てるだけで幸せになりますねぇ(そうそう、花が入った精油も幸せに感じる働きがあるんですよ)突然のプレゼントだったので、びっくりの喜びお客様で来て頂くだけでも嬉しいのに…本当に有難い

明日はマクロビ普及活動をされてる岡部賢二さんの講演会があります。「月のリズムでダイエット」や「マワリテメグル小宇宙」を書かれていたり、マクロビの教室やカフェを福岡でされてますが、講演活動も多くされてます。ちょっと事情があって、明日を最後にしばらくは講演会が少なめになるそうなので、聞いてみたいな、と思ってた方はチャンスですよ。体の仕組みを陰陽を交えて、分かりやすく話して下さいます。

日時:12月1日10時〜13時
場所:インタークロス青葉(フーデリー青葉の隣の黒い建物)
参加費:500円
特に申し込みの必要はないそうです。体の事、もっと知りたい方はどうぞ〜。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 16:41Comments(0)イベント

2011年11月29日

初女さんのおむすび

佐藤初女さんの講演会とおむすびを結ぶ会の余韻が、まだ残ってますそして、覚えてるうちに結び方を残しておかなきゃ。一粒一粒のお米をあんなに大切に扱う様を初めて見た…衝撃的な結び方は、洗い方から違いました。

まずは研がない。(今のお米はぬかが少ないから、研がなくってもいいそう)両手を合わせ、優しく洗います。

そうそう、その前に…梅干しの種を取る。のりを切って準備します。種は食べる人が噛まないように、思いやりで。のりは出来上がりのおむすびにきっちり合うように寿司のりを4分の1にカット(中表にすると手で簡単に切れました)薄めののりが合うようです。

大切な水加減はびっくりする位、少なめ。8合炊きで水は7合ちょっとのラインに。30分水を吸わせてスイッチを(吸水も大事なポイント)初女さんは目と手で確認されます。透明なお米が白くなった頃でした。

いよいよ、結ぶんですが…まずはまな板を濡れ布巾でしっかり拭きます。(手で触ると濡れてるのが分かる位)蒸らしたご飯を小鉢に入れて量を計るんですが…小鉢に入れる際、しゃもじの先ちょだけを水で濡らし、すくうようにします。数回に分け、すくう事で、ご飯の層ができます。小鉢にすき間のないようにご飯を入れたら、まな板にひっくり返します。種を取った梅干しを真ん中に置きます。これを結ぶ数だけ作ります。

そして、それを梅干しが中央になるように、丸い形に優しく結びます。(力は入れません)のりを片面に置き、すき間のないように、もう片面に置いて、少ししっかり結びます。この力加減で、美味しさに差が出た感じ。

おむすび…丁寧に作ったお味は本当に格別でした。お米の一粒一粒がちゃんとしてるのも、水加減や力加減だし、のりをすき間なく、まくのもパサつかないように…心遣いが沢山詰まったおむすびだから、迷える方が元気を取り戻すんでしょうね

「お米の気持ちになって、お米が喜ぶようにして上げたらいいと思いますよ」と初女さんおっしゃってました。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:13Comments(0)イベント

2011年11月27日

佐藤初女さん講演会


















濃い…とっても濃い3日間。そしてかなり幸せな3日間でした

今年の春、福岡の糸島に帰ったガン友が、佐藤初女さんの講演会の為に宮崎に来て、金曜はうちに泊まってくれたんです。ずっと楽しみにしてた再会…どこでランチしようか?どこに行きたいかな?と、わくわくして25日、26日を待ってました

悩みに悩んで、ジールさんでランチ。菊芋の豆乳クリーム、カレーライスコロッケにレンコンなどのマリネ…手がかかった美味しいお料理をゆっくり頂きました。ガン友は久しぶりのジールさんもとっても喜んでくれましたが、宮崎の青空と空気にも感動してました。住んでる私でも、時に感動する位ですからね。

ジールさんでしっかりスィーツも頂き、清武に移転したパン屋さんブルソで、土曜の朝食を買って帰り、翌日は天然酵母パン屋のルバンでお土産を調達して、ひむか村の宝箱でランチ。かなり幸せな食生活でしたよ。

肝心の講演会は、暖かい雰囲気に包まれ、先月90歳になられた初女さんにハッピーバースデーを歌っただけで、うるうる。最後には初女さんが出口の所で見送って下さり、言葉をかわさなくっても、手の温もりにじーんと感動びっくりした事に熊本の義姉が一人で来ていて、嬉しい驚き。お茶しながら、しっかり感動を共有しました。

そして今日が…「心を結ぶおむすびの会」。2分でチケットが売り切れた位、希望者が多かったけど、行けて良かった〜!初女さんを身近に感じられるのも嬉しいのに、人を癒すおむすびが見られるなんて。

初女さん指導の元に作ったおむすびは、信じられない美味しさで感動一粒一粒のお米を慈しむように大切に扱うって事…今までなかったなぁ。こんなおむすびを食べたら、生きる力が湧いてくるだろうと、確信。人と人を結んだり、宇宙と自分を結んだり…喜びを感じる時間になりました。おむすびの作り方は後日紹介しますね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:20Comments(0)イベント

2011年11月24日

風邪引きそう君

昨日あった子育てフェスティバルは、とっても盛況でした。私は午後からの参加だったんですが、まず宮交シティの駐車場に入るのに、一苦労。会場は沢山の子供達の賑やかな声で溢れてました。体験コーナーも色々あって、皆、楽しそうでしたよ。

さて、この所、寒暖の差が激しくって、風邪をひいてる方も多くなってますね。うちの元気坊主、三男そう君も先日、38度7分の熱が出たと学校から連絡があって、びっくりして迎えに行くと…

給食もおかわりして元気に遊んでたそうなんです。でも、一応心配して「何か食べたいものある?」って聞くと、嬉しそうな顔で「ゼリーとプリンとガムとポテトチップス!」…まぁ仕方ない。こんな時くらい、聞いてやるかとスーパーに行くと、嬉々としてお菓子を選び、レジでは聞かれもしないのに「俺、38度7分の熱が出たから、早退したんです」と話し、揚げくの果てに「俺、誰とでも話しができるやろ?」と得意げ。笑ってしまいます。

早退して学校を出る時、ちょうどクラスの子供達が移動中だったから、皆に見送くられる形に。「そうた君、帰るんだ。かわいそう」とか「そうた早く治せよ」とか言ってくれるのも、振り返りもせず、片手を上げて挨拶。ぷぷぷ、照れる柄でもないんですが…「皆が心配してたねぇ。女の子とかかわいそうって言ってたね」と言うと「皆って皆女子も?女子は誰がそんなに言っちょった?」矢継ぎ早の質問。盛り上げようと「女の子全員よ」と答えると「え〜!皆言っちょったと?〇〇さんも?〇〇さんも?」と個人名が。かなり嬉しそうだったから、「そうだよ」と答えておきました。

帰宅して熱を計ると、37度。元気なはずです。咳は数日続いたから、梅醤番茶にホメオパシーのレメディ、ティーツリー入りのクリームとうがい水でケア…総動員して元気になりました
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:29Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月22日

明日は子育てフェスティバル

宮交シティである子育てフェスティバルに、昨年に引き続き、今年も参加します。「おもや」さんの中での出店になりますが…

びわ温灸体験と布ナプキンとアロマ石鹸の販売もあります。びわ温灸は15分、500円!肩凝り、頭痛などの痛みの緩和にも役立ってくれます。

沢山の団体が出る、楽しいイベントです。是非、覗いてみて下さいね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:26Comments(0)イベント

2011年11月21日

高校訪問

今日は中学校の一役…家庭教育学級での「高校訪問」で、宮崎商業高校と宮崎学園に行ってきました。

「うちはまだまだ先だから、ピンとこないけど」…なぁんて思ってましたが、お話を聞きながら、「選択できるように、知っておかなきゃいけないな」と思うようになりました。

先日、鹿児島の友人と話した時、彼女の賢さにびっくりしたんですが…「子供達が成長の段階のポイントとポイントで、こんなのもあるよ、あんなのもあるよ、と提示して、その度に自分達で選ばせたけど、結局は自分がイメージした方向に進んでる」って!子供達は自分で選んだから、一生懸命やってるんですよねぇ。まだ中学生の時には進む大学を決め、高一の時には仕事の方向性も決まって、飄々とまっしぐらに進んでるのを見ると、親の差し示し方でも変わる気がします。

うちは三人とも男の子だから、何となく大学に行って、自分で進む道を決めるんだろうな、と漠然と思ってました。高校や大学選びよりも、将来の夢ややりたい事を見つけられるように、今は色々な経験をしていってくれたらいいな。仕事はお金を稼ぐ以上に、人の役に立つ事や喜びを感じて欲しいなと思ってますが…

その為にもどの高校で、何を学ぶか、という事も親目線で知っておかなきゃ、と思いましたよ。鹿児島出身だから、鹿児島事情はとっても分かってるんですが、宮崎の進学事情は無知。ちょっとずつお勉強しなきゃ。

性格もばらばらな三人が、この先、何を選択し、どんな仕事に生き甲斐を見つけるのか…考えただけで、わくわくしますさて、10年後、どうなってるんでしょうね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:23Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月18日

女友達

は〜!昨夜は楽しかったなぁ。高校時代からの友人と、朝10時半に霧島神宮で待ち合わせて、がまこう庵でランチしてお茶して、友達の家でマッサージして…その間中、ずっとお喋り。夕飯食べて、お風呂が温泉という友人宅のお風呂に入ってる間だけ(さすが隼人)は、静かにゆったり(いや、そうでもなかった!「は〜気持ちいい〜!」一人言の連発だったわ)

子供達が寝入った後も喋り続け…気がついたら1時半友人は市内の高校に通う息子さんのお弁当作りに4時半起き。私もアロマ講習だったのに…笑って、喋って、また笑ってを繰り返し…それでも帰る時「時間足りなかったね。全部は喋り切らなかったねぇ」と、お互い言った位。

高校時代の飾らない「素」の私を全開させてくれる彼女。高校の制服のデザインの細かなところを彼女は覚えてて、興味のある事しか記憶にない私は「そうだった」と、かなりびっくり。そんな事も笑いで包んでくれる…大切な存在だなぁ、と感謝学ぶ事もいっぱいだし。

睡眠不足だし、長距離運転して疲れてるはずなのに、心が満たされると元気ですね心の栄養剤…必要かも。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:22Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月17日

幸福な時間


















何の山か分かんないけど、都城から霧島神宮に向かう途中で見えた山すっきりした風情です。

明日は鹿児島でアロマ講習会。母校の小学校の家庭教育学級なんです。これもご縁ですね…嬉しいことです。そのついでに、鹿児島の友達のところでマッサージをしてお泊まりする事になりました。

そこで、まずは霧島神宮で待ち合わせして、がまこう庵でお昼を食べて、お隣のカフェでお茶を。…かなり幸せな時間

霧島神宮は本当に気持ちいい場所です。平日なのに、参拝する人も結構いましたが、空に向かって、すっと伸びている大木が静かな佇まいを見せていました。特に樹齢800年の御神木は…なんだか見ているだけで涙が。不思議な感覚でした。鎌倉時代位に生まれた木…なんですね。エネルギー頂きました

その後はがまこう庵で田舎蕎麦を頂き、美味しさに笑顔。焼きたての天然酵母パンや梅ジャムの買物をして笑顔。お隣のカフェでお利口な可愛いワンちゃんや美味しいお茶を頂いて笑顔の1日でした久しぶりのお友達とも喋りっぱなし。…こんな時間を持てるって幸せですね。
生かして頂いてありがとうございます。明日も顔晴ってきます。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:47Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月15日

自分にプレゼント

何か分かります?大量の白玉団子?…いえいえ、香ればすぐに分かります。手作りアロマ石鹸…生活雑貨スープさんが、毎年年末にお客様にプレゼントされてるんですが、今年は石鹸を選んで下さって、二人でお喋りしながら、こねこね。丸めたところで…「はんこを押したら可愛いかも」って、スープさんのSを押したら、ぐっと可愛くなりましたさすがだわ。センスが光ってます…というわけで、12月のスープさん楽しみですよ。

午後はお客様が帰られた後、ダッシュで美容院へ。ずっと髪を切りたかったけど、タイミングが合わず、三度目の正直で…すっきり何か重かったものが軽くなっちゃいました。かなり、心も軽くなって…帰りに、宮小前のエルバさんに。

エルバさんはスープさんでも服やバックの手作り品を置いてらしたけど、秋にご自分のお店をオープン。彼女のセンスがキラリと光るデザインばかりです。先日、伺った時に落ち着いたブルーの素敵なジャケットを発見。とっても惹かれたので、エルバさんの提案でスヌードを作って頂きました。それを今日、取りに行って、合わせてみたら…う!可愛い!(可愛いという年齢じゃないんですけどね)アレンジも色々できそうだし温かい。木曜・金曜はアロマ講習会で鹿児島に行くんですが、服が決まりました。テンション上がりますね

女性って髪型や着る服で気分変わりますよね?どうせなら、自分が心地いいとか、幸せな気持ちになれるようにしたいものですね
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:26Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月14日

アロマ講習会

明日は月に一度のスープさんでのアロマ講習会

急に寒くなって、乾燥も気になる季節になりましたね。というわけで、今回は保湿クリームかリップクリームを作って頂きます。市販のリップクリームが手放せない方…手作りリップでつやつや&癒される香りで、乾燥知らずの唇になれるかも保湿クリームはいつものクリームの材料に芳香蒸留水を加えて、しっとり感をプラスします。案内が遅くなりましたが、是非、ご参加下さい〜!

日時:11月15日(火)10:30〜12:00
場所:生活雑貨スープ
参加費:1500円
申込:ナチュラルグリーン 080-5256-9170
  


Posted by ナチュラルグリーン at 10:11Comments(0)講習会

2011年11月13日

脱穀

無農薬米…やっと脱穀の日を迎えました〜!

本当は先週の予定だったけど、雨の為に延期。今週末もどうかな?と思ってたけど、いいお天気になりました。

機械であっという間に脱穀は終わり、干してた竹組も解体したり、残った藁を切って、畑にまいたり…と参加者全員でチームワークばっちりで終わりました。

今日は遅くなったから、精米できなかったけど、明日は新米が食べられる〜それも自分達で育てた無農薬米が!テンション上がります。明日のおかず、何にしよう。ふふふ、楽しみ
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:37Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月11日

天空マルシェ

ジールさんであったイベント「天空マルシェ」…かなり楽しかったですばたばたして写真がアップできませんでした。天空マルシェのブログには、写真がアップされてるので、ご覧下さいね。

温室として使われてた広いスペースに雑貨やクラフト、アクセサリーや洋服に植物、石釜パンにカフェ…見て回るだけで楽しい気持ちに。

着いてすぐに、ちぇなおかぷ〜さんの豆乳ぜんざいを頂いて、優しい甘さと餅ワッフルがいいアクセントになって、美味しかった〜!石釜パンやフォカッチャ、無農薬みかんもゲット。

この辺りから、お客様が途切れなく、来て下さって、初体験の方ばかりだったけど、皆さん「気持ちいいですねぇ」と言って下さって、しみじみ嬉しい〜。10分という短い時間だったけど、うとうとされる方も多くって、心地よく改善してくれるびわ温灸っていいなぁと改めて思いました

お昼時間はジールさんのバイキング。昨夜の布ナプキン講演会に参加された方達も一緒になって、賑やかなランチタイムになりました。車麩のかつや蓮根のマスタード和え、菊芋の豆乳煮…どれもとっても美味しかった〜

後で買おうと思ってたクッキーや雑貨が、気がつけば、終わって帰ってらしたのは残念だったけど、沢山の出会いがありましたよ。楽しかったな

天空マルシェは明日も11時〜16時まであります。私は参加できませんが、とっても楽しいイベントですので、行ってみられて下さいね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:27Comments(2)イベント

2011年11月10日

今晩は

子供達が通う潮見小学校で布ナプキン講演会。綾の月と波さんに来て頂いて、初めてのお母さんや女の子達にも分かるように丁寧に話して頂きました

月と波さんが、ご自分のお嬢さんが初潮を迎えたら、渡そうと手紙を書いてるそうですが、それを元にした紙芝居は優しい〜絵と内容は…とっても素敵でした

後半は使ってる人は感想を、使ってない人は疑問をシェアする形になりましたが…使ってる方は布ナプキンの心地よさを異口同音におっしゃってました。使う前はあれこれと心配しますが、使うと疑問解消しますよ。まずは、始めて欲しいと思います。

それから、明日は楽しみにしてるジールさんである「天空マルシェ」参加するのも楽しみですが、他の方のを覗くのが更に楽しみ11月11日満月です…私にとって、マヤ暦の誕生日にあたる特別な日何かがありそうな予感です。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:47Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月08日

ジールイベントに

今日、生活雑貨スープさんと話してた時…ふと「今度、ジールさんである天空マルシェみたいなイベントがあったら、びわ温灸を無料体験させて欲しいな」と口にしたら、その場でスープさんが消しゴムはんこのuh*さんに電話して下さって、あれよあれよという間に11日に参加する事になりました。元々、その日はジールさんでじっくり過ごそうと空けていたので…ありがたい。スープさん、uh*さんありがとう〜

無料でと考えてましたが…エキス代だけ頂く事にして、10分〜300円時間は11時〜12時30分、13時30分〜15時の間。短い時間ですが、びわ温灸の心地よさや効果を体感して頂けると思いますよ。ご希望の方はご予約下さいね。

びわ温灸は、昨日のNHKの朝ドラ「カーネーションで主人公のお父さんがお客さんにやってるシーンが出ていて、とっても嬉しくなりました。奈良時代からある療法で、痛みの緩和や血液の浄化作用があるので、肩凝り、腰痛や頭痛、神経痛、喘息、ガンなどにもいいんですよ。

それにしても、天空マルシェには沢山の魅力的なショップが並びますあれこれ狙ってますが、手に入るといいな。詳しくはブログをご覧下さいね。お待ちしてます〜!
http://tenkuumarche.miyachan.cc/
  


Posted by ナチュラルグリーン at 16:29Comments(0)イベント

2011年11月07日

家事日和

雨が続いた後の、晴れた空はテンション上がりました気持ちいい1日でしたね。こんな日は溜め込んでた家事を一気に片付けたくなって、頑張ってしまいました。

洗濯機を3回まわし、マット類をまとめて洗い、トイレ掃除用のクエン酸スプレーと重曹を作って、いつもしない壁まで磨きましたよ。スプレーにはユーカリとレモンの精油を加えて、シュッシュッしてたら、余りにもいい香りなものだから…ついつい。

そして、ずっと手をつけてなかった庭の草取り!露草って凄い生命力ですね。もの凄い広がっていて、抜いたら小山ができました。枯れてしまったトマトの茎を抜いたり、広がった葉を剪定したり。レモンの葉は笑ってしまう位、丸裸にされていたので、よく見ると虫がついてました。葉や花が食べられたり、元気がなくなったりしたら、近くに必ず虫がいますね。見つけるのが結構得意なんですよ。虫が苦手だからでしょうね。ベニシアさんの本に…虫よけのハーブや益虫を寄せるハーブが載ってたから、そういったハーブも増やしたいな。あ〜!夢は広がるけど、素敵な庭になるには、まだまだかかりそう〜。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:30Comments(0)暮らしの中で思うこと

2011年11月06日

痛みにありがとう

先日、紹介した安保徹先生の「免疫学問答」を読んで…「なるほど!」と、いたく納得した事が。

「痒み、痛み、発疹は血流回復が始まる時におこる治癒反応の意味があります。これらを単に止めてしまうと病気が治らない」と。

痛みが起こると、「体の中で大変な事が起こってる。何とかして治さなきゃ」と思ってた私には…痛み=病気だったんです。病気になったから痛みを感じ、その痛みが消えた時が病気が治る時だと思ってたので、痛みはまぁ悪者と思ってました。だから、痛みが体が戦ってくれてるいい兆候だと思うと見方が変わりますよね。辛い症状が実は改善に向かってる、何よりの証なんですから。

そこで、ちょっと思い出した事が…以前、2〜3日の断食をした時に、2日目位に肝臓辺りに鈍い痛みというか違和感があって、何だろうと思ってました。断食が終わるとすっきりしたので、忘れてましたけど。

そうわかったら、試してみたくなった私。最近、色々と体に負担かけてたから、風邪ひいちゃったかもしれないし、断食は消化の為に使うエネルギーを体の修復に使うから、ちょうどいいかもと、金曜・土曜で実行しました。

そうしたら、金曜の夜には肝臓辺りが痛い!つい手を当ててしまう位、時々痛みがあったんです!本当にびっくり!…これを知らなかったら、何か大変な事になったんじゃないかと不安になる所だけど、今回は「お〜!凄い!私の体頑張ってくれてる!ありがとう〜」でした。こんな感じなら、副交感神経のリラックスしたリンパ球が益々働いてくれそう(知らなきゃ、不安になって緊張状態を作ってしまうか、断食をやめてしまうか)土曜には腎臓辺りも痛くて、更に感動(その頃肝臓の痛みは嘘のように消えてましたよ)人間の体って本当に素晴らしいですね。神様にも本当に感謝です

ただ、辛い痛みも手当てで楽になりました。肝臓・腎臓にこんにゃく湿布をしたり、びわ温灸したり(これがまた気持ちいいんです!)、びわの葉を優しくタワシで洗って、つるつるな面を体に直接貼ったり(これだけでもかなり楽に!)…自分の体で体感出来た今回の断食、とっても学びがありました。何が体の中で起こってるのか分かると、どうしたらいいのかが分かりますね。体は常に健康であろうと、働いてくれてるんです。その働きを手助けするか、邪魔するかは自分次第なのでしょうね。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 16:59Comments(1)がんのこと

2011年11月05日

表現力

昨日は免疫力で、今日は表現力…我が家のそう君にはたまに「ほ〜!」と感心する事があります。

昨夜テレビであった映画「カイジ」。私は何となく怖い感じがしたから、遠赤外線サウナに入りながらの読書タイム、怖い映画嫌いの長男は部屋へ、夫や寛ちゃんは途中まで見たけど、睡魔に負けて夢の中…最後まで見たのがそう君だったんです。

それだけなら、そこまで感心しなかったけど、今朝、映画の内容を身振り手振りを折り混ぜて話してくれた時、話を聞いただけで涙が出てきたんです。

ストーリーもよくわかったから、感情移入しながら聞けて…「そこでカイジが『諦めるな〜!』って言ったとよ。でも、目の前にそのおじさんはおらんくなって…おじさん、自分には無理だと思ったから、何にも言わずにす〜っと落ちていったとよ。他の人は皆、叫びながら落ちていったのに、そのおじさんはカイジに娘の事を託して、こうやって落ちていったとよ(祈るような姿勢)」…それを聞きながら、私はうるうる。そして、そう君の説明はもっと熱を帯びて…「松山ケンイチがもうだめだと思って、こうやって飛んで、どうにか着地出来たとよ。そしたら、扉の上に悪い人がいて、扉を開けたとよ。高い、高い、すっごい高い所だから、扉を開けたら、ビューと松山ケンイチはこんな風に飛ばされて、カイジはパッとつかまったから助かったとよ。…(説明が終わった後)お母さん、誰がかわいそう?」
「おじさんだねぇ」
「二番は?」
「何にも手にできなかったカイジかな?」
「違うよ。松山ケンイチだよ。だって、やっと助かったって喜んだのに、すぐに落ちていったんだから」

判断力もついてきたかも。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 20:31Comments(0)メッセージ

2011年11月04日

免疫力

風邪を引いてしまいました。喉は痛いし、頭痛もあって、体が重い感じ…こんな時は色々なものを総動員。

まずは、アロマデュフュザーに抗ウイルス効果のあるティーツリーとレモンを芳香。ティーツリー入りのうがい水を作って、度々うがい。風邪にいい梅醤番茶で喉を潤し、頭痛にはびわ温灸に助けられました。温灸器を当てる間「ここ効く〜!気持ちいい〜!」と一人事言うくらい。ラベンダーをこめかみに塗るのも、しばし痛みを忘れました。そうそう、ホメオパシーのレメディも取り、食事も少なめに(消化吸収のエネルギーを体の修復に使ってもらうため。野生の動物も病気になると草や土などを少量食べて横になるんですって。生き抜く知恵ですね)。遠赤外線サウナでデトックスも。そんなこんなで、2日間、違和感があったけど、今日はすっかり元気…あ〜!幸せ!

いつもは余り考えないけど、体調が悪くなると…再発の言葉が浮かんできます。ちょっと心が弱るんですよね。そんな私に「大丈夫!」と太鼓判を押してくれたのが…「免疫学問答」。免疫学の権威・安保徹先生と僧侶の無能唱元の問答集(お客様からお借りしたんですが、読んだこの日にその方から予約が!思いが飛んでます)

本の帯に「命を落とす人と、拾う人の差はどこにあるのか?不要なものは過剰な手術・放射線・抗がん剤・薬…対症療法を軸にする現代医療は病を増幅・創出している。痛み、発熱、下痢は治癒反応。無理に抑えてはいけない。病気の本質を知れば、ガンも恐れる事はない」

本によると、病気の原因は交感神経が優位の緊張状態(顆粒球が多い)と副交感神経が優位のリラックスした状態(リンパ球が多い)の二つで、前者はストレスや悩み、体の酷使でおこるガン、後者はアトピーや喘息にあたるそう。そのどちらも、現代医療では決定的な治療法は模索中の感じですよね。

手術や抗がん剤は体にとって、顆粒球優位の緊張状態を作るからガンの進行を助けてしまう。緊張状態だと血流が悪くなって、栄養や酸素を臓器に運べなくなってしまうので、副交感神経優位にして上げる…「体が温かい」「玄米と野菜の食事が美味しい」「気分がゆったりしている」「楽しい」「ありがたい」と感じられる状態。…そして「働き過ぎをやめ、十分な睡眠を取る。心の悩みを抱えない。腸の働きを高める。血行をよくする。薬漬けをやめる(体も冷やします)ガン検診は受けない」のがガンにならない秘訣だと書いてありました。

痛みは痒みは体が治ろうとする治癒反応なのに、それを薬で抑えると免疫がちゃんと働かなくなって、免疫不全とか自己免疫疾患とかになってしまうそう。体は常に健康であろうと働いてくれてるんですね。アロマにしてもびわ温灸にしても免疫力をアップしながら症状を改善してくれる…いいものに出会えたなぁとしみじみ感謝しながら、本を読む事が出来ました心とちゃんと向き合って、「ケセラセラなるようになる。悪い事は起こらない」と気楽になれたら、ガンは自分で治せると再認識しましたよ。あ〜心が軽い
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:18Comments(0)がんのこと

2011年11月01日

どんな病気でも

自宅サロン・ナチュラルグリーンには、体調を整えにみえる方もいらっしゃれば、病気の改善を目指していらっしゃる方もいらっしゃいます。

それは私が乳ガンを経験して、食事や手当て・運動、心の向き合い方を実践。その過程の中で感じる事をお客様と共有したい…と思ってるからかな。

手術後は、私以外は皆、健康で、命が半年後、1年後…明日にもなくなる、なんて事、誰も考えないんだろうな、とかなり思った時期があったけど、それもびわ温熱療法や遠赤外線サウナや、こんにゃく湿布などの自然療法に出会い、玄米菜食や人参ジュースを取り入れて、体調が落ち着いてきたから…私が学んだ事は、きっと病気と戦ってる方の役に立つだろうと、仕事を始めたっけ。当初は、ガン患者さんとは同じ気持ちだったけど、それ以外の方には心のどこかで…「大変だろうけど、命に関わる病気じゃないから、ゆっくり向き合って治る方向に行きましょうね」と思ってた。

でも、沢山のお客様と接するうちに、どんな病気でも出口が見えないうちは、辛くって、苦しくって、どうしていいか分からない…暗闇の中にいる心細さにとらわれてしまう、ってしみじみ思うようになりました。家族にもご主人にも分かってもらえない不安…その全てを背負う事は出来ないけど、気持ちに寄り添って、体が健康に戻る知恵を共有したいな。病気と向き合ってる時は仲間がいると、心を強く出来ますから。

一人じゃないですよ。明るい出口に向かって進んでいけば、光が見えますよ
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:24Comments(2)がんのこと