2016年04月29日

万能酵母液で石鹸作り



木曜日の満月の日、万能酵母液講座に参加して下さった方達に声をかけ、万能酵母液入りのアロマ石鹸作りをやりました。

そして、折角集まるのだからと、一品持ち寄りランチも。私としては、こちらもかなり、嬉しい。石鹸自体は、1時間位で終了し、後は飲めや歌えやの大騒ぎ(実際にはお酒は出ませんが、賑やか笑い声が響いてました)

石鹸の作り方は、とても簡単です。
石鹸素地 200gに、温めた万能酵母液40ccを少しずつ加えて、混ぜていきます。
そこに、ココナッツオイル10ccの中にお好みのアロマオイル16滴を、少しずつ加えて、混ぜていきます。後は、お好みの形に成型して、1週間程、乾かせば出来上がり✨
細かな泡立ちの、安全で効果的な石鹸は一度使うと、手放せません。老化肌にぴったりのフランキンセンスに、皆さん 反応されてたのには、笑ってしまいましたが…私も、化粧水に加えるナンバーワン精油なので、その気持ち分かります(笑)

一品持ち寄りのつもりが、皆さん、2品とか持ってきて下さって、テーブルに乗り切らない位に!豪華バイキングみたいで、眺めるだけで、幸せ気分でしたよ。新玉ねぎのオリーブオイル蒸しやひじきと雑穀入りのおむすび。オートミールと野菜の重ね煮のハンバーグ、コールスローサラダに、ふきの佃煮、いまここ自然農園さんのスナップえんどう(茹でただけなのに、甘くて、止まらない美味しさ!) スィーツは、かぼちゃのお汁粉(このアイデアは凄い!) と、そらまめとかぼちゃの玄米粉餅に、小豆や万能酵母液で作ったシロップかけで頂きました。私は野菜スープと天然酵母パン。そうそう、お豆を煮て来て下さった方も。一人だと前日の残りで済ませることも多いけど、持ち寄りすると、勉強にもなるし、美味しいし、大満足でした。

また、石鹸がなくなる頃に、やろうっと。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:30Comments(0)アロマセラピー・経絡トリートメント

2016年04月27日

声枯れには

昨日から声が出ません(汗) 日曜日の参観の時から、喉は痛かったんですが、アロマオイルを入れて うがいをしたら治るだろうと思ってたら…月曜日、振り替え休日の長男とランチに行って、喋り過ぎたみたい。久しぶりだったし、話題が18歳からに変更になった選挙権や、これは知ってて欲しい!と思うことを熱弁してしまった。最後の方はかすれ出してたものの、気にせず 話したものなぁ。

そして、昨日はお客様に心配させてしまう位の声に。咳とか全く出てないのに、こんな事もあるのかと、ちょっとびっくり。でも、こんな時こそ、自然なお手当てをやるチャンスと、本を引っ張り出して、やってみました。

私の場合、たまに白っぽいたんが出るのと、喉の痛みとかすれ声。黒大豆の煮汁を飲むのがお勧めだけど、手元になかったので、あるもので、色々やってみました。

酸性に傾いた体を元に戻す為に、潰した梅干とすり生姜、好みの量の醤油を混ぜ、温かい三年番茶を注げば、梅醤番茶の出来上がり。体調悪い時には、いつも以上に美味しく感じるから不思議です。
他には、黒焼き梅干しを、以前、若杉ばあちゃんの講演会の時に購入してたので、小さじ1杯ほどを口に。これは、ジールさんにも置いてあります。梅干は本当に偉大なお薬ですね。とても簡単なので、チャレンジしてみて下さい。

飲んだ瞬間にいい感じがしたのは、コーレン。小豆を粉末にしたもので、万能酵母液を温かくして、溶かしたものを口にした時、すーっとしました。そうそう、ネギを首に巻いてみましたが、しばらくしたら、辛みを感じなくなったので、アロマを使用。ドテラ社のブレンドオイル、オンガードをココナッツオイルで希釈して、喉にすりすりしたり、スプレー容器に、精製水とオンガードを入れ、直接喉スプレー。マスクにユーカリを落として、使用するのも、スーとして、とっても気持ち良かったですよ。

そんなこんなで、今日はだいぶ声が出るようになりましたが、ちょっぴり体調悪いふり(笑)だって、子供達が優しいんですもの。昨日は、9時半には、床に就きましたが、やはり睡眠は大事ですね。

明日は四校定期戦の長男は、6時半には家を出るので、今日まで早めに寝ます〜。私は、万能酵母液入りの石鹸作り講座なので、ちゃんとお話できますように。  


2016年04月24日

お手当て講座終了



昨日は高校の参観と総会。今日は中学の参観と総会。そして、今度の土曜日は二男の高校の参観と総会。家庭訪問は終わりましたが、ゴールデンウィークに入ると、部活の練習試合が連日続き、総体や中体連に向けて、最後の追い込みに。慌しい4月は、すごい勢いで過ぎていきそうです。

その合間をぬって、先日は「春の土用の手当て講座」を開催しました。それぞれの季節に活躍する臓器がありますが、逆に言えば、負担のかかる時期でもあります。季節の移り変わりに年 4回ある土用の時期は、脾臓に負担を掛けるんですが、腎臓、肝臓などと比べると、今ひとつ その大切さを認識してないような…。

消化吸収や免疫に関係する脾臓は、臓器に氣 血 水 を運搬する、言うなれば、臓器の要。脾臓が疲れると、ブレーカーが落ちたように、各臓器もうまく働けない状態になるんです。

その脾臓を休める為のお手当ては、ずばり少食。新月、満月の夜のプチ断食や1日2食の勧めや、年に一度の1日から1週間の断食のやり方などを、お話しました。丁度、その日は満月とあって、皆さん、チャレンジされたようで、翌日、感想が届きました。

「食欲に任せて、過食してましたが、夜やってみると、思った程 お腹は空かないし、翌日は体もすっきり。ついでに、気持ちもなんだかやろかやになりました。月に二度のプチ断食なら、続けられそうです。」と感想も頂きました。

体の症状は、元の健康な状態にする為の反応です。薬だけで抑えても、別な症状や副作用に悩まれる方も少なくありません。なので、体を作る食べ物は命のあるものを…旬の野菜や地元で採れたもの。自然な栽培法の食べ物は、体が元に戻る力を後押ししてくれます。

もっと嬉しいのは、直感力もアップして、感謝の思いが自然と湧いてきますよ✨

講座後には、一品持ち寄りで、ライチタイム。黒大豆入り寝かせ玄米や糠漬け、カラフルなサラダに、筍のてんぷら。安納イモと南瓜のジャムに数種類のパン。マクロビスィーツは、安納イモと南瓜のプリン(小豆乗せ) と 羊羹。私は胃腸を温める けんちん汁を作りました。「まるで、バイキングみたいで、楽しい!」と言いながら、お喋りも弾み、とっても楽しい時間となりました。つい、食べ過ぎてしまいましたが、プチ断食するから…まぁ、今日だけ、って(笑)

金曜の夜の満月は、優しい輝きでした。やはり、春って感じ✨
  


2016年04月17日

熊本地震に思う

14日から続いてる熊本地震。こんなに強い地震も初めてなら、九州全体を揺さぶっているかのような地震も初めて。携帯の緊急地震速報が、こんなに度々鳴るのも初めて。見るのが怖い位の被害だけど、見ずにはおられないから、テレビの前から離れられないし。

熊本の夫の実家も、冷蔵庫は動き、灯籠は倒れ、家の中はぐちゃぐちゃ。それでも、テレビを見てると、怪我もなく、近所に住む妹達も駆けつけ、一緒にいる事が分かった時には、ほっとひと安心でした。

こんな時、いつも思うのが、一番大事なものは、物やお金ではなく、やはり人…命だなぁ、ということ。そして、人は本当に優しい、ということ。

熊本が夫の実家だと覚えて下さってた友人から、連絡貰ったり、年賀状の付き合い位になってたのに、心配して連絡下さったり。心がざわざわしてる ここ数日でしたが、メールを見ると、ちょっと嬉しい気持ちになれました。

夫と二男がライフラインが止まってしまってる熊本へ、カセットコンロや水等、備蓄してた品を持っていってくれたので、当初は「危ないから、絶対来ないで」と言ってた両親も、とても喜んでいました。何をどうしたらいいのか、考える事もできない状態だったようです。4月から、建築科に進学した二男にとっても、色々考える経験だったようです。宮崎も他人事じゃないと思い、私と長男で、水やお湯で温めて食べられるご飯や缶詰を買って来ました。新聞では、宮崎も水などが売り切れた店があると書いてありましたが、やはり同じことを考えんですね。災害で使うことがありませんように、と思いながら、枕元に置いております。

ここ最近、私がふと思ったのは… 愛で生きたいな、ということ。愛に生きる、と、犠牲にするものが出てきますが、「愛で生きる」と、今、私がやろうとしている事、思っている事は愛から生まれたことだろうか?と、振り返り、途端に肩の力が抜けるんです。怖れは、強い感情となって出てきますが、愛から生まれた思いはフラット、穏やかな感じです。誰かの行動に腹を立てる時は、大概が怖れから生まれてる気がします。

色んな事を考える数日でしたが、こんなに頻発している地震の中で、川内原発が稼働している事が、とても怖いと思っています。何かあってから止めるのではなく、何か起こる可能性がある時点で停止する勇気を持って欲しい。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:38Comments(0)暮らしの中で思うことメッセージ

2016年04月13日

春の土用 脾臓のお手当て講座

桜は咲いた後も美しいピンクの絨毯になっていて、最後まで、私達を幸せな気持ちにしてくれますね。暖かくなって、ウォーキングをしたいのに、中々出来ない…その理由の一つはお天気がすっきりしない事と、体がだるくて、さっと動けないから。


解毒の春は…眠い、だるい、やる気が起こらないの時期でもありますね。

私も朝ドラを見たまま、だるおも感で、中々エンジンかかりませんでした。ご予約のある時は、スイッチが入るものの、時間に余裕があるものならば、いつまでも立ち上がれないんです。

手っ取り早く、珈琲で目を覚ましても、暫くすると同じ繰り返し。こりゃいかん!と、やっとのことで動き出し、手間かかっても、梅醤番茶作って、デトックスする為に、遠赤外線サウナに入り(サウナの中でも爆睡でしたが(笑))、お手当てしてたら、だいぶ動けるようになりましたよ。

体の声をちゃんと聞いて上げると、気持ちまで動けるようになります。やっぱり、お手当て知ってて良かったぁ。という訳で、今週末から春の土用に入るのに合わせ、土用の時期のお手当て法講座を開催します。土用は四季の中の中心です。中心がしっかりしていたら、建物も倒れない…それと同じで、脾臓を強化すると免疫力がアップします。興味のある方は是非、どうぞ

日時 4月22日10〜12時
場所 ナチュラルグリーン
参加費 3500円(お茶、マクロビスィーツ付き)
お時間ある方は、一品 持ち寄りで、お昼をご一緒にいかがでしょう?私も何か作っておきます〜。
  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:35Comments(0)びわ温熱療法・自然療法

2016年04月09日

女性の柔らかさ




一昨夜は、霧島酒造さんが春と秋に開催して下さる宴(ベル・エポックさんにて) に出席して来ました。

フリーペーパー チャージさんの裏表紙に、霧島酒造さんが提供されている「宮崎で活躍する女性」に掲載された方々を招待して下さり、交流の場を設けて下さってるんです。

どちらかというと、人見知りなとこがあるので、行く前は、ちょっとどきどきなんですが、行ってしまうと、皆さんのパワーに乗っかって、お喋りしているうちに、あっと言う間に、時間が過ぎてしまいます。

様々な職種、様々な年令、独身の方もいれば、お孫さんまでいる方も、皆それぞれですが、どなたもより良く成長しようと、努力してらっしゃるのを感じます。そして、その時々の環境によって、自分を変えるしなやかさも。

朝ドラの「あさがきた」で、主人公のあさが日本で初の女学生に、「これからの世の中は、女性の柔らかい心が大切になってきます。」と、言うシーンが印象的でしたが、まさにその通りだなと感じる 宴のひと時でした。

霧島酒造さんは、酒造メーカーの堅いイメージとは裏原に、宴の進行役は新入社員の女性ですし、平均年令も驚きの20代!なので、お店のチョイスも、女性好みの雰囲気の良さ。こちらでも、女性が活躍しているのを見られて、何だか嬉しくなりました。

結婚、出産、子育てと目まぐるしく変わる女性の環境も、状況に合わせて、しなやかに変わることができる…女性だからこそですね。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:10Comments(0)暮らしの中で思うこと

2016年04月05日

体の仕組みに感謝


桜があちこちで、美しく咲いていますね。冬の間は、近くても つい車を使ってましたが、自転車がとても気持ち良い季節になりました。「綺麗だなぁ〜。」と思ったら、ゆっくり走らせたり、止まって しばし眺めたり…春はやはり大好きな季節です。

ただ、春は芽吹きの季節でも、あります。お肌のトラブルも多いのではないでしょうか?

私は先週一週間、顔に赤みと痒みが出て、おてもやん状態でした。十数年前に、日用品を安全な物に変え、ミネラルを飲み始めた頃にも、同じ状態になった事があります。その時は、余りの痒みと炎症に、どうしていいかわからず、ミネラルを飲むのを止めたり、化粧水も沁みるから、ホホバオイルだけを塗ったりと、試行錯誤。その後、3回同じ状態になったものの、炎症の期間は徐々に短くなって、それ以降はなくなりました。考えてみたら、食を変えていなかったので、繰り返し出たのかもしれません。

あの時と同じ状態だったので、お化粧はせずに、納豆菌水の化粧水とクリームの中に、痒みと炎症を抑えるアロマ(ローマンカモミール、ティーツリー、ラベンダー)を入れ、ひたすら塗ってました。痒いと、つい掻いてしまってたのですが、一週間ですっかり元に戻りました。


春は、解毒をお肌でもするようになるので、普通でも、こんな感じになりやすいのですが、万能酵母液を飲んでいる為に、余計出やすいと思います。よく、「反応が怖いから、飲めない。」という声も聞きますが、体を浄化している何よりの証しなので、是非挑戦して頂きたいと思います。

酵母液を飲みながら、出た反応は抑えずに、不快な症状を早めに消したい時には、アロマを活用したり、低温サウナや岩盤浴などで、深部の汗をかいて、老廃物や不用な化学物質を早く出すようにすると、楽になります。解毒器官の肝臓にこんにゃく湿布をするとも、排毒を助けるので、お勧めですよ。

体が変わる万能酵母液講座。5月16日の講座にも、是非お友達お誘い合わせ下さい。12日には高鍋で、春のお手当て講座を開催します。私達 人間も、自然の中で循環して生かされています。自然に負担をかけない方法は、体の健康であろうとする働きも助けてくれるんですよ。こちらの方へも、是非どうぞ。

大林宣彦監督の本「あしたづくり」。自然の一部だと認識しながら、他を思いやることが人間には出来る。それを、思い起こす必要が今…お勧めの本です。  


Posted by ナチュラルグリーン at 23:09Comments(0)びわ温熱療法・自然療法お勧め本

2016年04月01日

自分を褒めましょ。


NHKの朝ドラ「あさがきた」も、明日で最終日。今日なんか、夫の新次郎さんが亡くなって、号泣してしまった。あの時代に女性が表に立つことが、どれ程大変な事だったのか、改めて感じたけれど、それが出来たのも、新次郎さんがどっしりと大きく護っていてくれたから、なんだろうと。家族に見守られながら、1人ずつ「ありがとう」と声をかけ、最期はあさと2人だけになって、見送られる…新次郎さんは笑顔で、あさは涙で。よく、生まれる時はおぎゃーと泣き、周りは笑顔。亡くなる時はその逆がいい、って言うけれど、その通りだなぁ。

夫婦や親子は、一番小さな社会で、そこにお互いが鏡のように映されるから、悪いとこも、良いとこも 合わせ鏡のように見える。

昨日のあさいちでは、イクメンパパの悩みが取り上げられてたけれど…プレッシャーや妻からの駄目出しに気がめいる。イクメン鬱も増えてるとか… 「頑張ってくれて、ありがとう」「いつも助かってるよ」と、認めてくれるだけで、もっと頑張ろうって気持ちになるのに、って。

でも、これって、まるきり妻の気持ちにも当てはまりますよね。っていうことは、今の時代、やってない事、できない事に目がいくから、出来てる事、チャレンジしてる事を見てない… なので、お互い、マイナスの部分ばかりを見てしまうのかな、と感じました。私もそうだったので、その気持ち、とっても理解できるんです。でも、そのままだと、自分で自分を苦しめる思考なので、負のスパイラルに陥ってしまいます。

出来てるとこを見て、認める、褒めるのは、何もパートナーだけに限らず、一番は自分自身を褒めるって、とても大事だと思います。なんせ、昨日テレビ見ながら、「皆、認めて欲しいし、役に立ちたいから、それに対して、ありがとうと気持ちを表現して欲しいよね。」と。

なので、私が最近してる事の一つに、眠りにつく前に、今日の自分を褒める言葉を一つ贈っていること。もう、なんでもいいんです。「超特急で作った昼ごはんが、予想以上に美味しかった。買うことも出来たけど、作ったのが偉い!」とかいう風に。

自分が充たされると、夫や子供達への感謝がすっと出る気がします。
今夜は何を自分褒め しようかな〜。  


Posted by ナチュラルグリーン at 22:27Comments(0)メッセージ