2018年02月18日

体の取扱説明書


最近の日課…お弁当や朝食を作り終わった頃に、カーテンを開けるんですが、その時、丁度、朝陽が輝いているので、手を合わせ 、感謝と頂いた命をお役に立たせて下さい、と祈っています。

旧暦のお正月の前日(大晦日の日) に、図書館に行ったら、お手当てをする中で、疑問に思うことの答が沢山詰まった本に出合えました。

お手当てや食養生をすると、必ずと言っていいほど、反応が出ます。怠くなったり、眠くなったり、下痢や腫れ、吹出物、発熱する事も。

この本「からだの取扱説明書」は、中国医学の陰陽五行を取り入れ、人間の体には素晴らしい叡智が備わっていて、病気は元に戻ろうとする働きであり、それを邪魔しない事が大事だと…日頃、私が感じていた事が書かれてました。

血気エネルギー量によって、健康状態が分けられていて、エネルギーの高い子供がすぐ熱を出し、大人があまり高い熱が出ない訳が理解できました。要は、大人は血気エネルギーが低い人が多いので、熱を出すだけのエネルギーがないということなんです。

そんな大人も、休暇に入って、ゆっくりすると、血気エネルギーが上がるので、老廃物を処理できる状態になり、その結果、発熱したり、風邪症状がでたりするそうです。子供が夜 熱が出る理由も、そこにあるのかな?と思いました。丁度、三連休の時、義姉が高熱が出て、リンパが腫れ、大変だったと聞いて、なるほどと納得でした。

詳しく知りたい方は、是非、本を読まれることをお勧めします。(私は注文しました。)

血気エネルギーを高めていくと、様々な症状が出ますが、それは体が老廃物を処理して、体内を浄化するからですが…万能酵母液を飲み始めた時にも、塩水療法を始めた時にも、ヘルペスが出たり、湿疹が出たり、お腹の調子が悪くなったりしました。人によっては、それらの症状が辛くて、止める方もいらっしゃいましたが、勿体無い事です。

それの対処法も紹介されていたので、早速 実践しています。
①太腿 側面にある 胆のうの経絡の4カ所を左右50回ずつ、やや強めに叩く。
②早寝早起き(血液は夜寝ている間に造られる)… 何度も言われるけど、つい忘れてしまいがちでしたが、早起きして、する事にしました。
③腕にある心包経のマッサージ
④腹を立てない(ガンの原因は怒りにあり…分かる気がします。)
⑤胃腸を清潔に保つ

ナチュラルグリーンでは、経絡マッサージをやっていますが、例えば、便秘の方は腕にある大腸の経絡をマッサージすると痛がったりするので、内心「やはり繋がったるだなぁ」と思うことが度々でした。脚をマッサージしているのに、背中が痛んだりなど、一見 関係がないように見えて、そこは繋がりのある経絡なのです。そこの詰まりを解消する事で、老廃物が流れ、症状が消えるんです。

体の叡智を感じるのは、そんな時。ただ、好転反応は人によっては、辛いものですが、この本では、その対処も紹介されていたので、お客様にもどんどん 紹介していこうと思います。
経絡マッサージも、良かったら、是非、体験にいらして下さいませ。


同じカテゴリー(アロマセラピー・経絡トリートメント)の記事画像
良い香りで満たされる
ストレスは病気の元
我が家のクリスマスリース
癒し手
手当てのポイント
青島でチャージタイム
同じカテゴリー(アロマセラピー・経絡トリートメント)の記事
 良い香りで満たされる (2018-12-05 21:48)
 ストレスは病気の元 (2018-11-28 22:20)
 我が家のクリスマスリース (2018-11-27 16:34)
 癒し手 (2018-11-14 21:26)
 手当てのポイント (2018-11-07 20:42)
 青島でチャージタイム (2018-11-01 14:01)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
体の取扱説明書
    コメント(0)